いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音程が命
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第5段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第9番(原書では第8番) 音取り
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.43 E線,D線,G線

Sevcik、苦手のG線を弾き続けた成果なのか随分音色が冴えてきた気がする。
この調子で~ と思ったら、次週からは転調する。凶と出るか吉と出るか・・・。

カイザー9番。前回は音取りで終了していたので 今回はNo.1から
が・・・ やはり音程が微妙に違うらしい。

カイザー9番

それに下がって来る時の4指ラ。強敵です。
レッスンでは一度も正しい音程にヒットせず orz

正しい音程は指に聞け!!
音から音への距離を指に覚えてもらうしかないそうで・・・
それができれば苦労はしないのだけどね (-_-;)

「こんなに音程がとれてないのはめずらしいですねぇ 何かありました?」

え~と あったいえばあったし なかったといえばなかったし
そうか原因はあれかっっ  と一人納得。

今月に入ってから、私の車は骨折怪我人に剥奪されている。
従って、車と共に教本CDも行ってしまったのでした。

普段は、繰返しCD聞いてメロディーラインを把握してる事もあって
音程を外すとすぐに自己修正できるのだけど、
今回は最初から独自の譜読みだから、外れてても気づかない訳だ。
なるほど。
譜読みの時点で正確な音程を意識しておかないとこういう事態が起こるという事を
肝に命じておこう・・・
とりあえず、CDを取り返そう かな (^^ ゞ

そして、ポジション移動第2弾~ E線に再チャレンジ。
今回は怪しげながらも、OKを頂き、続いてD線,G線へ。
ま 指摘は山ほどありそうな気配をかもし出しつつも合格という事で・・・。

先生~ 見捨てちゃ嫌~~~ (>_<)

「大丈夫です。次もまだ移動の練習ですから~」

あ そうですか がんばりますっ
てな訳で、次回は修飾音付きのポジション移動です。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。