いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びの後は停滞
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.3  E線で第14段~15段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第7番(原書では第 6番) 仕上
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第8番(原書では第11番) No.1~No.3
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.37


まずはSevcik。
早弾きの極意を続けて実践。なかなか慣れて来ました。
という訳でやっと No.3終了です。 なんか長かったなぁ。
次の No.4は、1フレーズ8音と長くなりますが、
とりあえず、4音づつの16分音符×4回で、すべて通したあとに
8音16分音符×2回で という事になりました。
これまでとパターンが違うから、すこし力入れて練習しないといけません。
でも今週はいろいろ忙しいから・・・またもや練習時間減 
(>_<) 最新ちょっとたるんでます 誰からに喝を入れてもらわないとっっ

そして カイザー7番。仕上速度120に再度挑戦。

カイザー7番

2週間練習してそれなりに仕上がっていると思ってはいるけど、実際はどうなんだろう。
どきどきの披露です。

  先生:『うん いいんじゃないですかぁ』 

ホントですか?ホントに? 一発OKですか?

嬉しい・・・。純粋に嬉しい。
問題点が全く無い訳じゃないのは自覚してるけど、それでも嬉しい。

あとは おいおい頑張ります。

さて、お次のカイザー8番は音階の途中変調。

カイザー8番

特に問題はないとおもいつつもやはり壁となるのはG線への移弦。
練習では特に問題なく出来るのに、どうしてレッスンだと駄目なんだろう。
やっぱり力が入っているのかな・・・。
それに運弓の角度もかなり怪しくなっているらしい。
最近、鏡を見ながらの練習 あんまりやってないからなぁ
新弓ルド君が来てから少し右手のバランスが変わって来てるし
ここらでもう一度初心に戻らないといけないのかも・・・。

ゴールデンウィークは鏡練習の時間を増やそう。
しばらく実家に泊り込みしようかな (^^;)


そしてサードポジションの方は今回もNo.37 ○はもらえず。
でも脱力なんてしませんよ ヽ( ´ー`)ノ 自覚してましたから~

音程がおかしいと思って途中で止まってしまったけど、
  先生:『音程はかなり安定して来てます。大丈夫ですよ~』
え そうですか? じゃ。 
続けて弾く・・・ やっぱり狂ってる気がする 何故?

音程が狂っていると感じるのは、弓が直角にあたっていないので
音質が悪くなってしまう為でしょう との事。
  先生:『音程は悪くないけど・・・もう一回やっときましょうか』
急いでもしかたがないから素直に頷きます。
苦手のG線。今のうちになんとか克服しないとね。

早くG線で気持ちいい音色が出せるようになりたいです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。