いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の弦楽器フェアで楽器の調整と弓の張替えをする。
なのでその後、弦も張り替えましょうね(自分で) という恐ろしいお言葉を頂く。

何に替えるかを検討しなくちゃ~
先生は、とりあえずガット弦はやめようね。ドミナントを使う人が多いよ。
E線だけ別ってのも有りだし。バランスが良ければメーカーはバラバラでもいいの。
楽器との相性もあるし~ ととにかく好きにしてっっ て感じなので
まずはいろいろ調べてみる。

今はトニカ。やっぱドイツ製ヴァイオリンだからか・・・
ってことはやっぱピラストロかな。トニカ一式 予備も持ってるんだけど
やっぱり別の試したいし。
ワンダートーン・ソロでもいいか と思ったが、あんまり評判聞かないし。

ネットでいろいろ探ってみたら、、弦楽器ストラッドさんのサイトに辿り着く

過去ログを見てみたら、Warchal brilliant というのがやたら噂されていた。
ドミナントにするなら、これでもいいかな という気になったけど。。。

Q&Aに、弦選びで悩んでいる旨を書き込んでみたら
とりあえずドミナントがお勧め/トニカを今持っているならもう一度トニカ/
Warchal brilliant/ヘリコア
といろいろ意見を聞けた。

E線で、ゴールドブラカットも検討してて 0.26と0.27ってどう違うのさっっ
と思っていたら、そのあたりも教えてもらえた。
  その楽器が高音が良く鳴るなら素直な音の0.26mmを、
  また少し高音が弱い場合は0.27mmを選択します という事でした。。。

皆さん、初心者にとっても親切でありがたい。

さあて、そろそろ正式決定しないとね。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。