いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレルリ アリアンス・ビバーチェ と ナンバーワン
今回の弦は、お試し待ち弦の中から最も予想がつきにくく 
かつ 皆さんが一番興味を持たれているらしい気がしたものに決定。

Corelli Alliance Vivace(コレルリ アリアンス・ビバーチェ)
 特殊フッ素樹脂を芯材に用いることにより、高級ガット弦に近い音色と弾き易さを両立。
 豊かで鮮明な音色と、弓圧・弓速に左右されない素早く正確な反応を実現。
 高級ナイロン弦市場を開拓したブランドの熟成版製品。

アリアンスヴィバーチェ単独


そしてE線は、ピラストロ社の No.1(ナンバーワン)
 老舗のピラストロ社が全ての音域、全てのダイナミックレンジにおいて理想的な音色
 と響きを実現すべく新開発したE線で、開発テーマは『Universal(普遍的)』であること。
 (すなわち、あらゆる既存の弦と良くマッチングするE線を目指して開発された)
 輝かしい音色、優れたレスポンス、開放弦が裏返りにくいことなどが主な特徴。

ナンバー1


らしいですわ。

この説明だけ読んでいると、ものすごい期待感が生まれる♪♪
『高級ガット弦に近い音色』ってのが、どんなものなのか興味津々。

明日はレッスンという直前になっての弦交換。

こりゃレッスン前の調弦が大変だな・・・ と思いつつも、
きっと交換直後は先生が調弦してくれると思うから

   まぁ いいか~ v(^o^)

て事で とっとと替えてしまいますよ♪

さ~て 弾いてみた私の感想は といいますと

●コレルリ アリアンス・ビバーチェ 
弦の触感は柔らかめ。明るい感じの良く鳴る弦です。

金属臭さはあまりなく、これまでの2種(インフェルド赤とフレクソコア・パーマネント)
に比べたら格段に良いのではないだろうか と思えるものの
歌い文句の『高級ガット弦に近い音色』は、実感できませんでした。
っていうより、そもそも『高級ガット弦の音色』を知らないわけなので
実は比べようがなかったりして。。。

実際あまり大差がないように感じるし、あとは音色の個人的な好み になるのかな。
ワーチャル・カルネオル派の私には合わないかもしれない。。。(;^_^A

●ナンバーワン 
確かに弾きやすい弦だと思いました。『裏返りにくい』というのにも納得。
フレクソコア・パーマネントでちょっと気を抜いて、弓圧無くすと
絶対に裏返ってた状況でもすごく滑らかに鳴ります。
さすがに高いだけはあると思うけど・・・ ちょっと勿体ないかな~
この程度の性能差であれば、ゴールドブラカットで十分な気がしました。


という状況下で迎えたレッスンでの先生試弾。
感想がすごく気になるところです (;^_^A

さてさて。バイオリンをケースから取り出すと、開口一番。

「どうですか? そのタイガースみたいな弦は」

た タイガース って・・・
とにかく弾いてみてください先生!! (>_<)

●コレルリ アリアンス・ビバーチェ
前のよりは格段に良いと思う。よく響くし音量もある。音色は明るめ。
でも。。。先生の好みではなさそうです (-_-;)
ガット弦うんぬん については、 『う~~ん』 との事。残念。
ちなみに先生はドミナント派です。

●ナンバーワン 
ペッタリと張り付く感じの音色との事。←私には判らないけど
とりあえず他弦とのバランスは良くない感じ。と言われてかなり凹む
高かったのよ このE線 (T-T)  これまた残念 という事で。。。

アリアンスヴィバーチェ


なんか商品説明を見ても無駄な気がして来たのは私だけ?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。