いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレクソコア・パーマネント 弾き納め評価
去年の年末のソロ演奏用に張り替えた フレクソコア・パーマネント。

なんだかんだ言いながらも、それほど気にすることもなくここまで来て
別段張り替える意味もない気がしてたので、このまま今年の梅雨明けまで
思っていたのだけれど・・・

   弦 替えます!!


今年に入ってからは時間の余裕があまりなく、
レッスン以外の曲を弾こうなんて気は全く起こらなかったのですが、
めずらしく纏まった練習時間がとれた今日。
久々に 例のザイツを弾いてみたのです。

そしたら。。。。。なんてギンギンギラギラな音色 (°O°;)
確かにこれはクラシックを弾く音色じゃないですね。


部屋が暖まって、弦が少し緩んできて多少は治まったもののやはり金属的な響きは残る。
つまりはインフェルド赤と響きの系統は同じだったという事で、
マロちゃんには合わない弦だったらしい。

   これかぁ 先生がずっと言ってたのは。 

不思議なことに今までは全然気にならなかったんですよ。

先生曰く
「弾くのに一生懸命な時は、案外自分の音色って聞いてないものなんですよ」

しかも最近はボウイングの乱れから楽器が全然鳴ってなかったらしく
なおさら気づけなかったのでは? という話。

やっぱり気に入った音色じゃないと、気分よく弾けないから
気になりだしたのなら、思い切って替えた方がいいですよ。
との後押しももらったので。

次回レッスンまでに、替えますよ~♪

先生。楽しみにしてて下さいね (*^.^*)

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。