いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の一時間レッスン
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  140章節目~147章節目
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第11番(原書では第9番) No.1
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.66 ソルベーグの歌
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.67 月


今週はもともと火曜日が自社勤務予定で、早く帰れそうなので
通常レッスン日に行く事にしました。

という事で、久々の 19:30~レッスンです。
今日でSevcikは No.5が完了見込みなのでがんばりますよ!

レソレ   ラレラ   レシレ   ドレド
レシレ   ドレド   レシレ   ラレラ

レソレ   ラレラ   レ♭シレ   ドレド
レ♭シレ  ドレド   レ♭シレ   ラレラ

ソレソ     レラレ  ♭シレ♭シ  レドレ
♭シレ♭シ  レドレ  ♭シレ♭シ  レラレ

ソレソ   レラレ   シレシ   レドレ
シレシ   レドレ   シレシ   レラレ

章節として見ると混乱してしまうので、
2音づつを意識してやればなんとか大丈夫 (;^_^A

長かった No.5 がようやく終了。
う~ん このパターンにようやく慣れたのに残念です。。。


さて本題のカイザー11番。

カイザー11番

前回苦戦した転調した後半部分は
なんとなく こんなもん? と甘々に音程取っていたら
ほとんど全ての4指が微妙に低くなる傾向がある とのご指摘。
多分、一目さんには絶対に言わないだろう指摘なんですけど。。。 (-_-;)

いやいや やはり微妙といえども低いものは低い。
きっちりと正しい音程で弾くのは良い事ですから がんばります。

連続して弾いているとあまり気にならないけど
確かに「この音」と意識して単音を弾くと、低いのがよくわかります。

正しい音程が解ってしまったら、弾いてて音を外すと気になること気になること。
そしてだんだんと正しい音程を出す為の、距離感が測れてきます。

普段からこういう練習が必要なんでしょうけど なかなか出来ませんね (^^ ゞ


そして締めのサードポジション小曲練習。
『ソルベーグの歌』3度目のトライ。

今回はきっちり休符を意識して、
メロディーラインがぶっきらぼうにならないように歌ってみる  と。

ポジション移動はかなりスムーズになってきている と言われてちょっと嬉しい。
でもハーモニクス(フラジオ)があまり綺麗じゃない と言われてちと凹む。

押さえすぎずに、触れるだけ。
解ってはいるんだけど、その微妙な力加減が難しいですねぇ

ま 今後も出てくるので、とりあえず ソルべは終了。


さて、グリークでもう一曲 「月」
これもペールギュントの中の曲なのかな?
何となく聞いたことあるよ~なメロディではあるんだけど・・・

楽譜「月」

こんなに短いのに。結構ポジ移動が多くて (>_<) な曲だっっ
次回持ち越し という事で。


さて来週はまたまたお休み。

三連休は土曜日が出勤日なので、普通に週末休みだけど
久々にちゃんと2日間の自由時間確保♪

こんな機会はめったにないので、練習&趣味のバイオリンを楽しむ予定。
雪が降るみたいだけど・・・  行けるかな 実家 (^^;)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。