いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨戦態勢
[ 本日のレッスン ]
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章


今日はいつもの電車に乗れずに慌ててレッスンに直行。
いつもよりは遅いけど、正規のレッスンからは随分早い時間 (;^_^A やれやれ

あ~ でも こんな平和な状態も今回で最後かな・・・
今携わってる仕事は今月で終了。来月からはまたちょっと遠方まで通うことになりました。
いい加減 自社内で仕事して定時でシュバッ と帰れる生活がしたいです~ (-_-;)

よって 火曜日の今の時間帯のレッスンには通えそうもありません。。。

こんな大事な時期になんてこったぃ

一目さんと交代して時間を遅くしてもらうか
曜日を変えるか
はたまた 教室をやめて 先生の自宅に個人レッスンに通うか・・・

悩 悩 悩 悩 悩

まぁ まずはとりあえず レッスンです。


と思ったら、先生カレンダーを見ながら何やら思案中。

    今日これ(ザイツ)やったら あとは止めときますか?

は はい!? えええ 今日でもう止めですかぁ (°口°)
後は自力でやれ とおっしゃるのですかぁぁぁぁ

・・・ とかなり焦っていたら

「本番までの残りのレッスンは ザイツだけにしましょう」 
という意味だったらしい。

ああ びっくりした


てな訳で、いきなり ザイツです。

う~ん それはそれでかなりキツイ気もするけど、
本番の日はそれに近いものはあるから、慣れておいた方がいいかも。。。

今日もとりあえず、メトロノームをかける気配は無いので勝手にスタート。

多分出だしは 速度60ぐらいだったと思う。そして次第に早くなって行く。
3連符明らかに速度ダウン。でも締めの3連符不自然に速度超過。
浪々と歌いたい中間部は微妙な速度。
最後の16分音符郡 転ぶ 抜ける 途中加速。苦手部分さらに転ぶ。
でも最後の重音 音程はすこぶる良し。但し響き無し。

    無理に速度上げなくていいですから

得意な所だけ加速したので、速度60~90を フラフラとパラついていたらしい。

【今回の注意点】(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)
1.今後はとにかく必ずメトロノームをかけて練習すること。
  全体を定速で弾けるように感覚を掴むことが大事!
2.スタッカートとテヌートが曖昧になっている。中間的な弾き方になっている。
    スタッカートになっていない箇所 24章節目,29章節目
    テヌートになっていない箇所   48章節目
3.51章節目 ドまでスラー (ドからスタッカートになっている)
  ※前回のレッスンで50章節目に同様の指摘をもらっているが、それは改善されていた。
4.3連符 33章節目からクレシェンドされていない(34章節目に向かって盛り上げる事)
  34章節目のスタッカートは長めのフォルテ・テヌートの気分で、弓を大きく使う事。
5.最後の16分音符郡。
  弓が傾いている(これは癖になっている)のでしっかりした音になっていない。
  弓全体をしっかりつけて弾く事。
6.最後の16分音符郡。
  音抜けしているように聞こえる。アップの時の弓圧が足りないのでしっかり弾く事。
7.最後の16分音符郡。
  スラーで弓を使いすぎないように注意する。
  80章節目,82~83章節目,85章節目,87章節目,92章節目 リズムが崩れやすい。
  右手は同じ速度で均等に弓を返す事。左手を意識してリズムを取る事。
8.96章節目 音程はOK。響きをもっと残すように意識する事。

ちなみに52章節目移行のスタッカートは切らずに音をはっきり出していた(らしい)が
そこは その方が良かったので これで行きましょう♪
と言われた・・・ 
無意識だったので もう二度と弾けないかもしれません~(>_<)

時間切れで今回も指導してもらえなかった 60章節目~78章節目
先生からも、
    
    次回こそ ここやりたいですからっっ
    他の部分をしっかり仕上げて来て下さいね~



。。。。。


いや~ 一週間って 早いですよん ヽ(´ー`)ノ

しかも来月からなんてちゃんとレッスンに通えるのかな・・・とっても不安です
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。