いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

峠を超えたと思ったら
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  95章節目~104章節目
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.63 シシリー民謡
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章


今週は先生のご都合により、水曜日に振替えレッスン。

日曜日に練習したあと、月・火は帰りが遅くて、全く弾いていない状態で大丈夫かな(^^;)

実家によるには遅すぎるし、直接行くには早いけど・・・
と思いつつ教室に到着すると、ちょうど乱心君が帰るところでした。

19:20 う~ん 珍しくこんなに早い時間からレッスンなのに
自信満々といかないところが情けないところです。

中に入ると、先生のヴィオラが聴こえる。
ああ~素敵~ (*^.^*) と 部屋に入らずにしばらく浸っていたら、演奏がパッタリ止む。。。

    何やってるんですか~?

いや その えっと
先生にお出迎えされちゃいました (;^_^A


では 早速 Sevcik 行きますか。

ミファミ ソ♭ラソ ファソファ  ♭ラ♭シ♭ラ
ソ♭ラソ ミファミ ♭ラ♭シ♭ラ ファソファ

ミファミ ソラソ  ファソファ ラ♭シラ
ソラソ  ミファミ ラ♭シラ  ファソファ

ミ#ファミ ソラソ  #ファソ#ファ ラ♭シラ
ソラソ  ミ#ファミ ラ♭シラ  #ファソ#ファ

ミ#ファミ ソラソ  #ファソ#ファ ラシラ
ソラソ  ミ#ファミ ラシラ   #ファソ#ファ

ミ#ファミ #ソラ#ソ #ファ#ソ#ファ ラシラ
#ソラ#ソ ミ#ファミ ラシラ  #ファ#ソ#ファ

一回でできなかったのは、4番目の音階。

1指2指がくっつく時に、3指を離すのはどうも苦手。
しかもE線って握りこめないから力入らないし・・・
いや 力はいらないのか(悩)

ま でもここ最近に比べたら、今回は比較的やり易いパターンでした。


そしてサードポジション練習は、小曲練習第2弾。
「シシリー民謡」 
1stレ(A) 1stミ(A) 1stレ(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stド(A)
1stレ(A) 1stミ(A) 1stレ(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stド(A)
3rdレ(A) 3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rd#ファ(A) 3rdソ(A)
3rdファ(A) 3rdミ(A) 3rdレ(A) 3rdレ(A)
3rdラ(D) 3rdシ(D) 3rdラ(D) 3rdシ(D) 1stド(A) 1stレ(A) 1stド(A)
1stシ(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stド(A) 3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rdレ(A)
3rdソ(A) 3rd#ファ(A) 3rdミ(A) 3rdレ(A)
3rd#ファ(A) 3rdミ(A) 1stレ(A) 1stド(A)
1stシ(A) 1stラ(A) 1stソ(D) 1stソ(D)

音程は問題ないようで o(^◇^)o
でもポジション移動は無意味に元気すぎるようで・・・ (-_-;)

最初の 1stド(A) → 3rdレ(A) 
狙いを定めて、そこにジャ~ンプ! 思いっきり空中移動してましたが
力は抜くけど弦の上を滑らせるだけ。指を完全に離しちゃ駄目なんですと。
 
さっそく実践。。。。。不時着! (>ω<) 感覚を掴むのが難しいです。

何回かトライしてなんとか成功。
距離感を早く覚えて、きちんとブレーキかけられるようにしないといけませんね。
まだまだ先は長いです。


さぁて。いよいよ問題のザイツです。
今回は先生のいいつけを守って、スピード違反なしで
16分音符群のリズム練習をしっかりやって来ましたよ。

問題は2日間弾いていない という事だけ・・・かな

バイオリン構える 待つ 待つ 待つ ???

メトロノームをかける気配が無いので、勝手に弾き始める事に。

とりあえず途中止められることもなく、最後まで弾き終える。
思ったよりは弾けた? 

さすがに集中的に練習した後半は、かなりいい感じだという事で少し安心。

ただ、逆に最近あまり練習しなくなった前半が手抜きになっている
という事で、再度細かい注意を受ける。
(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)
1.出だし(15章節目)のフォルテ&アクセント
  響きが無くならない様に注意。押さえつけすぎないようにも注意。
2.弓の使いすぎに注意。
  ①27章節目最初のラ(テヌート)は、先弓で少しだけ使う。
   次のスラーで根元まで持っていく。
  ②29章節目のラ ラ も 先弓で。しかもフォルテ&スタッカート(>ω<)
  ③30章節目のスタッカートはsaltatoにするので、元弓でしっかりコントロールする事
3.34章節目 重音の音程注意。響きが無くならない様に注意。
4.48章節目からのフォルテ→フォルテッシモに向かう所は 音が途切れないように
  休符は一切ありません!! ← スミマセン(>_<)
5.50章節目 #レ-ミ-ラ はスラー。 ド-ミはスタッカート。 
  ラからスタッカートになっている。
6.50章節目 #レ-ミ は、両方とも1指。 
7.52章節目 元弓で。 真ん中あたりで弾いているので切れがなく重い感じになっている。
8.60章節目~78章節目まで。単調にならないように気をつける。
  ピアノ指定の所もあまり弱弱しくならないように注意。(伴奏負けするので)

などなど・・・
これまでのレッスンで一度は注意されているものばかり な気が (。-_-。)ハンセイ・・・

後半含め。再度前半部分も見直さないといけません。
でも、とりあえず次に練習できるのは・・・ いつかなぁ ||ヾ(_ _*)


あらら 時刻はもう 20:45? (°口°) 
指先が痛いよ~と思っていたら何と一時間以上経ってるし。

一目さんは今日は無しですか・・・ って言うか、30分レッスンなのでは? (^^;)
というのは既に愚問のようです。
本番まであと3週間。 がんばります (;>ω<)/
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。