いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warchal KARNEOL
弦楽器フェア後の最初のレッスン。

先生にバイオリンの調子をみてもらうと、
いい感じだと言ってもらえた。音がやはり良くなっているという。

調整の成果? 毛替えの影響? それとも松脂?

すべてですよ。 とのこと。
これからもメンテナンスはマメにやりましょう。


楽器の調整が済んだことだし、ようやく弦の張替えです。
先生はやはりワーチャルはご存知なかった。
でも思ったよりいい感じだと言われる。
一目さんはシノクサにしたらしいが、
「あんまりパッとしない音だったのよ。本人には言えないけど~」
と言っているとこをみると、とりあえず私のは合格なのかな?

軍隊行進曲の頭部分を弾いてみる。
うん。よく響くね。
ブーレを弾いてみるのが楽しみです。

さて新しい弦で練習~


Warchal KARNEOL(ワーチャル・カルネオル)はしっとり感のある響き。
最初先生が、ベターっとした感じかと思ったけど結構いい感じ
と言われた意味がなんとなくわかる。
ゴールドブラカットのE線も他の弦に馴染んでよく響く。

どうなんだろ。

私的には、もっと軽い感じの響きが好きかも。
でもシャコンヌや雨の音はこれで弾いたらステキかな。
断然ワーチャル・ブリリアントを試したくなった。
次回は是非チャレンジしてみよう。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。