いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄は熱い内に打て
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  74章節目~79章節目
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.61(再)
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章

今日は乱心君が予定通り「テスト週間の為」という伝家の宝刀を抜いて
堂々とお休みをもぎ取ってくれたので、久々の一時間レッスンです。

でも先週もなんだかんだと忙しく、
土曜日は仕事。日曜日はピアノのイベントに参加。
と結局ろくろく練習もできなかったので、
今日は仕事をプチ早退して練習する事にしました。

ほんの一時間の事だけど、指使いの確認。音程の矯正。先週の注意点。
やっぱり直前練習するとしないのとでは全然違います。
指もほどよくこなれたところで、いざレッスンにGo!!

まずはSevcikから。
先週見事に玉砕した音階群。
ファミレ  ソファミ ソファミ ♭ラソファ 
♭ラソファ ソファミ ソファミ ファミレ

最終的にソ(3指)の時に同時に押さえる ミ(1指)とファ(2指)の同時押さえには成功。
でも♭ラ(4指)の時には、ミ(1指)ソ(3指)までが限界。
ファ(2指)は次のソ(3指)を弾くときに一緒に押さえることにしました。

音程は大丈夫だと思う。速度は全然無いけど今はこれが限界。。。

OKでました♪ o(^◇^)o

続く
ファ♭ミレ ソファ♭ミ ソファ♭ミ ♭ラソファ 
♭ラソファ ソファ♭ミ ソファ♭ミ ファ♭ミレ

ファ♭ミレ  ♭ソファ♭ミ ♭ソファ♭ミ ♭ラ♭ソファ 
♭ラ♭ソファ ♭ソファ♭ミ ♭ソファ♭ミ ファ♭ミレ

A線で散々苦戦した残りの音階。クリア♪ ふふふ事前練習の成果?

Sevcikが順調だと何だかとっても気分が良い。
この調子でサードポジションもサクサクやりましょう。

今回は移弦付きポジション移動D&A線。
前回笑って誤魔化した後半2つに再トライです。

1stファ(D) 3rdラ(D) 3rdファ(A) 3rdソ(A) 1stミ(A) 1stソ(D)
1stソ(D)  3rdシ(D) 3rdソ(A) 3rdファ(A) 1stレ(A) 1stファ(D)

一発で音程がとれずに何度もやり直す。

   人差し指が遊んでますよ? 親指と一緒にきちんと定位置に移動して下さいね  

そうでした。そうでした。そうでした。
先月A線&E線をやった時に、教わったし自分でも納得した筈なのにもう忘れてる。

という事で、1指の音程を追加してやってみる。
1stファ(D) 3rdソ(D) 3rdラ(D) 3rdファ(A) 3rdソ(A) 1stシ(A) 1stミ(A) 1stソ(D)
1stソ(D) 3rdソ(D) 3rdシ(D) 3rdソ(A) 3rdファ(A) 1stシ(A) 1stレ(A) 1stファ(D)

どんな時でも、1指が確実に正しい音程位置に移動できるように。
次回に再度持ち越しとなりました。

もう一度、No.60から反復練習した方が良さそうです。。。


さて本日のザイツ。
本番まで残り2カ月。気合入れて行きますよ。


♪ぎゃ♪ぎゅ~♪ (>_<) 出だしのフォルテは力まないように・・・

♪れ゛ーーーー  (^^;) いつまでも圧力かけてないで力抜いて

♪れーーーーー  (-_-;) それはインパクト無さすぎですからっ

♪レっ~~~ ♪ラ~~~ (;^_^A しまった! 次もですね。


♪レっ~~~ ♪ラっ~~~ までの所要時間5分。
出だし部分を一発で決められるようにしないとね・・・

本日の注意点
(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)
1.出始めのフォルテ&アクセント 成功確立をもっとあげる事
2.3連符の後ろ2音が弱音になり過ぎ。
  1音目にアクセントを付ける意識はもうあるので、音量は普通に戻しても良い。
3.34章節目 三重音、二重音 スタッカートだけど少し長めに。
  但し、ここで終わりかと勘違いするような長さにしないように注意。
  二重音のレ(A)の音程が悪い。直前の三重音のファ(E)は離さずにおく事。
4.35章節目~42章節目までは流れに乗って。
  36章節目のテヌート部分は少し切るようにするがメロディーは途切れないように弾く事。
  38章節目と39章節目には休符はないので、デクレシェンドはしても音を切らないようにする事。
  41小節目からはデクレシェンド。42章節目はピアノ。運弓スピードに注意する事。
5.60章節目~78章節目 メロディーライン歌うように弾く。強弱記号をもっと意識する事。
  ピアノでアップ弓から始まる音が強くなりがち。
  遅い弓半弓で音量を押さえる事(全弓となるのはフォルテ部分のみ)
6.92章節目ファ(E)の音程に注意。少し高めになる。
7.96章節目 スタッカートは付けなくて良いので、響かせるように弓を大きく使う事。
8.97章節目最後の三重音 ラ(G)&ミ(D)の正確な音程を掴むまで充分に部分練習する事。  
9.79章節目~91章節目まではほぼOKなので、92章節目以降を集中練習する事

残り時間で、上記指摘部分の1~3を練習。
なんとかOKを頂ける感じに弾けるようになってきた。

   そうそうそう それ それですよ~ 忘れないで下さいね

もう二度と弾けない・・・かも
きっと寝たら忘れる・・・って事は無いとは思うけど

注意点を思い出す所から始めなきゃならない程、日にちを置いちゃ駄目!
イメージトレーニングだけでも毎日やらないとね

そしてそろそろ完成速度を意識するように、まずは最低速度80までアップを目指します。
現在は16分音符部分では速度50程度。
これがスピードアップ出来ない事には全体速度は上がりません。
これもとにかく練習あるのみ。

   あとは、一度 自分の演奏を録音してチェックして見て下さいね

そう来ましたかっ( ̄□ ̄;) 
久々に 『 聞かなきゃ良かった orz 鬱体験 』しないとイケナイ訳ですね。

諸々 善処します・・・。。。

来週のレッスンはお休みです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。