いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとばよアンサンブルⅡ 本番
今日は、某サイトのコミュニティ 「大人からバイオリン」にて企画されている
アンサンブル第2回 の演奏日です。

5月12日の初練習会から6回の練習と自己練を重ねて ようやく迎えた本番当日。

お天気は・・・微妙。
お願い 雨だけは降らないで!! 

まずは、事前練習という事で 午前中から出かけます。

今日はいつもの練習場所にしていた場所が、今月から建て替えの為に使えなくなった為
お初の所に行くことに・・・
そしてこちらもお初の 名古屋臨海高速鉄道「あおなみ線」

こんな事もなければ乗る機会もなかった路線。
すごく整備されてて、快適な車両。
さすがに約785億円もかけて作られただけの事はある・・・
でも採算取れるのかなぁ

さてお初練習場は とある区の図書館の二階にあるレッスン室。
片面全面が鏡張りでバー据付の バレエレッスンもできる室内。
フローリングなのでスリッパ履きで。
こちらも至極快適。
ただ問題なのは 指揮者が不在って事だけで・・・

事情により遅刻となった指揮者様。
このままでの本番はとてもじゃないけど不安 という事で、
急遽 カラオケボックスでの練習も追加。

カラオケをバックに演奏 なんてのもやって
ちょっとリラックスムードの中にも 本番に向けて じょじょに気持ちを引き締めて行く。


今日の演奏場所は、名古屋市内にある 児童養護施設。

第1回アンサンプル経験者の皆さんも 子供さん相手はお初なのでやはり不安らしい。
私も過去 苦い経験もあるので とっても不安。

みんなちゃんと聴いてくれるかなぁ

準備してから軽くリハーサル
って言っても 丸聞こえだよ? (;^_^A

かまわず弾いていると、どんどん子供達が増えてくる。
そしてとうとう拍手まで

  リハーサルだからっっ

これはもう無理でしょ って事で、予定4曲のうち3曲まで弾いたところでリハ断念。 

さあ いよいよ開幕です。

まずは管理人さんがご挨拶。
活動について、「おとばよ会」の意味について、そして演奏曲についての説明後にそれぞれ演奏♪

『夕焼小焼』 第1パート担当
若干バラバラ感があるもののなんとか終了。良かったです~
結局最後まで音程が不安だった ラスト3rdポジのドレドレドレドは
辞退させて頂きました 小心者で m(_ _)m

『故郷』 第1パート担当
ボウイングを完璧にできなかったのが心残りですが、それなりに。
2番の繰り返しに入ると第2パートが伴奏的な旋律になるので凄く素敵。
やっぱり伴奏あるのは好き♪

『いつも何度でも』 第1パート担当
この頃になるとかなり余裕が無くなってきて、実は演奏については全く記憶が無いんですが、
ボウイングを何度か間違えてアタフタしたような・・・
練習不足が顕著にあらわれた感じでした。かなり反省。

『君をのせて』 第2パート担当
リハーサルせずに臨んだ唯一の曲。多少の不安はあるもののこれは一番最初から練習してたし、
とっても素敵なお気に入りの曲だから(きっと皆さんもそうだと思うから)がんばって弾きたいところ。
久しぶりに弾くと必ず外す箇所の音程も、午前中の練習で矯正できたし
楽譜からは目を離せないけど、視界の隅に指揮者さんを捕らえて睨んで(駄目だって)
あとはボウイング間違いでパニックにならなければ多分大丈夫。。。

伴奏が始まる。気持ちを落ち着けて  主旋律 行きま~す

途中からなんとなく音が走り始めたのに気づいたけど
この場合、みんなに合わせるべきか指揮に合わせるべきか・・・
微妙に中を取って弾いてしまいました (-_-;)

でもなかなかの出来だったんじゃないでしょうか!
演奏を自分で確認できないのが残念なんですけど・・・

管理人さんが最後の挨拶。 ・・・ ほ~っ としてたら
アンコール の声が!!!

ええっっ~~
もちろん そんな用意はしてませんから
もう一度、『君をのせて』。 ホントにアンコールですみません(^^ ゞ

アンコールなんて。
気を使って言ってくださったのかと思っていたら
実は、少し前に バンドの方々がやはり演奏会をやってくれたそうなんですが
その時は5分もたたないうちに 子供達が騒ぎ出してしまったらしい。
なので、今回最後まで静かに真剣に聴いていたので、
逆に職員の方がびっくりしてしまったというのです。
それで今後も定期的にやってもらえないか というありがたいお申し出もあったそうなんですが、
そのあたりは今後の状況次第で という事で 管理人さんも即答はしなかったそうです。

子供達に喜んでもらえて良かったぁ  (*^.^*)

演奏終了後も立ち去る気配の無い子供達。
そこからは何でも有りの交流会 という事で、
  ピアノを弾いてあげる人有り
  バイオリンを子供達に弾かせてあげる人有り
  デジカメを子供に撮らせてあげる人有り

私もちょっと大きい女の子達の所に、バイオリン持って行きました。
開放弦で音が出るのを確認してから、
今度は私が弦だけ押さえてちょっとばかりの きらきら星。
やっぱり なんか音が出ると嬉しいよね~♪♪
  
また次に機会があったら、こちらが一方的に演奏するだけじゃなく
子供達と一緒にちょっとした演奏をやったりとかしてみたいなぁ。


今回。アンサンブルに参加する事になって、たくさん練習もして。
ずーっと自分が演奏する事だけを考えてきたけれど、
演奏するって事は、その先に聴いてくれる人がいるんだって事をなんとなく忘れてた気がする。
ただ一方的に演奏するだけなら、それは単なる発表会で。 
別にそれは内輪で演奏すればいいだけの事で。
それを外の無関係の人たちに聴いてもらうって事は、
やっぱり一方的な思いだけでは駄目なんじゃないだろうか。。。

子供達が相手だった事で、それがすごく伝わってきた感じです。

一回目の時は、とにかく部屋に入って演奏して サーッと出てきた。。。
みたいな事を聞いてたからよけいにそんな気がして。

今後もまたアンサンブル活動は続くと思うけど、
どういう気持ちでどういうスタンスでやっていくのか
考え方によってはまた方向性が変わってくるんだろうなぁ。

私は今回、子供達に試弾させるのは良い事だと思ったけど
(バイオリンが危険とか バイオリンが危険とか バイオリンが危険とか
 っていうのは別として ね (^^;) )
我々はあくまで演奏に来たんだから! っていう否定的な考えも理解はできる。

なかなか難しい問題ですね。


今回はほんとにいろんな経験ができて嬉しかったです。
次回は年末 老人福祉施設でのクリスマスコンサートの予定になるらしい。
まだ日程などは発表になっていないけど、また参加できる といいな・・・
いや 参加するんだよ!  これからも がんばりますっ o(^◇^)o
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。