いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sevcik玉砕
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  D線で31章節目~34章節目
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第10番B No.2 ~ No.3
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.54 ~ No.55

お盆前の最後のレッスン。
来週はお休みだから切りよくしておきたいところなんですが・・・

今日は遅くなく早くなく という微妙な時間。
本来のレッスン時間の15分前に到着。

早速Sevcikです。。。。。が、
今回は ホントに自信が無い。 
何度練習していてもすんなり弾けた試しが無い という
最近にしても結構めずらしい状態。

8分音符の3連符×8個のA線音階 転調5種。
しかも今回は、苦手の ♭レ♭ミ からのスタートです。

ダウン弓で   ラド♭シ  ド♭ミ♭レ ド♭ミ♭レ ♭シ♭レド 
アップ弓で   ♭シ♭レド ラド♭シ  ラド♭シ  ド♭ミ♭レ
ダウン弓で   ラド♭シ  ド♭ミ♭レ ド♭ミ♭レ ♭シ♭レ  
アップ弓で   ♭シ♭レド ラド♭シ  ラド♭シ  ド♭ミ♭レ

指  もつれる もつれる (>_<)

難しいですか~?? って 先生 呆れないでっっ

一つずつ 違ってくれた方が良かったのに・・・
何で、ラド♭シは一回で ド♭ミ♭レは二回で 次の♭シ♭レドは一回で
弓を返さないといけないの(泣)
せめて ♭シ♭レド を 2回 ダウンにさせてよっっ
で辿りついた最後のド♭ミ♭レを一回で、また 最初のラド♭シに戻るのね orz

頭が固いんだろうかな どうしてもすんなりできない。。。

バタバタしながら、そしてやはり ♭ミ♭レの音程を厳重注意されながらも
繰り返す事 数回。とりあえずのOKが出たので次へ

ラド♭シ ド♭ミレ ド♭ミレ ♭シレド ♭シレド ラド♭シ ラド♭シ ド♭ミレ
(上記同様アップ→ダウン)×2回 

あはははは~ ヽ(´ー`)ノ
もう何弾いてるんだか全然わかりませ~ん レに ♭はつかないのよ~
さっき 散々 ♭レ♭ミ をやってたから もう 感覚が戻りません (T-T)

そして ここで痛い指摘が。

   指 離しすぎです!

久々に出ました。
押さえた指は離さない・下位の音程が続く場合は先に一緒に押さえる 爆弾投下!!

そうでした。 そうでした。 なぜか今回すっかり忘れておりましたよ。
ラド♭シなら、 ドの時に、♭シも一緒に押さえなければいけないんでしたね。

と言われても・・・ もちろん現場修復は無理です。

てな訳で、Sevcik史上初 途中玉砕!! ( ̄□ ̄;)なんてこった

早くもかなり自己嫌悪なお盆決定の予感です。


さて、お次はこちらもいろいろ問題の カイザー練習曲 第10番B

カイザー10番B

本当は、最後までやり切って お盆休みは ザイツの練習に専念したいなぁ

<基本譜>
ソ(G)ミ(D)ド(A)ソ(E) ソ(E)ド(A)ミ(D)ソ(G) 
ソ(G)ミ(D)ド(A)ソ(E) ソ(E)ド(A)ミ(D)ソ(G) 
ソ(G)レ(D)シ(A)ソ(E) ソ(E)シ(A)レ(D)ソ(G) 
ソ(G)レ(D)シ(A)ソ(E) ソ(E)シ(A)レ(D)ソ(G)
・・・続く

【変奏No.2】  4連符(スラーなし) と四重音。
前回に続き 再トライ。
今回はとにかく四重音の 最初の三重音をとにかく重点的に練習してきたつもり。
山なりバラバラ奏法は無くなって来たとは思うけど、
押さえつけないで低音弦の響きを残す というのはかなり怪しい所。
弓が実際に無いところまで動かすぐらいの気持ちで引き抜くように と言われても、
ストッパーがついているかの様に ある位置でピッタリ止まる。変に器用な体質です。
そしてレッスンとなると変に緊張して、さらに動きが固くなってしまいます。

   もう少し響きを残せるといいですね

とは言われたものの、四重音の三重音はすごく良くなってます。との事。
残りの問題はそのあとの二重音。 やっぱり?(-_-;)

移弦した後の角度が一発で決まらないので
最初は音が一弦にしか乗らず、遅れて二重音になったりする。
それにやはり押さえつけてる感じで響きがない と。
ま これはとにかく経験なので あせらずじっくりこれからも・・・やれるかな~ (^^ ゞ 
喉もと過ぎればって 事にならないようにしたいけど したいけど・・・

   調弦聞いててもやっぱり A線&E線は 苦しそうな音ですからね

なら、今後は調弦時に一緒に練習すればいいのか よ~し!

はぁ 調弦って たかが調弦 されど調弦 なんだなぁ

【変奏No.3】  2音スラー,スタッカート,スタッカート
怪しい。限りなく怪しい。
すでに四重音で集中力と気力を使い果たしてしまったので
2音スラーはリズムがバラバラだし、スタッカートは適当だし。

先生 この無気力状態に気づいてるんだろうに それには触れず冷静にポイントを指摘。
1.基本的に(いつもの事なんですが)弓を使う範囲が少なすぎる
2.スラーは弓半分ずつを使うつもりで大きく
3.スタッカートは響きが止まっている(これもいつもの事)ので音をもっと響かせるように。

普通のスタッカートって嫌い。

響きを出す為には、弓を少し滑らして止めないといけないのだけど、
私の場合は弓をほとんど動かさずに止め続けているので結果響きがなくなってしまう訳で
それを少~し大きく動かしてあげればいいだけなんだけど
大きく動かすと今度は止められなくなって音がブレる。
このバランスをうまくとってやらないといい音が出ない という事なのよ。

その点、Saltato(跳弓スタッカート)なら、最後は弓を離してしまえばいいから
音のブレは気にせずに行ける。
注意すべきは弾き始めに、かならず弦に弓を置いてから!! という事だけ。

駄目 駄目 現実逃避はしちゃいけない。
ここまで 自分の得意不得意がわかっているんなら練習しようよ >自分 ||ヾ(_ _*)

苦手項目の練習日を作ろうかな・・・

とりあえず、No.3は終了。 残りは 難関No.6の変則ボウイングを含め
お盆課題となりました。


そして最後はお決まりの、サードポジション音階練習。
1stレ 1stミ 1stファ 3rdソ 3rdラ 3rdシ 3rdド  3rdレ(ハーモニクス) 
3rdレ 3rdド 3rdシ  3rdラ 3rdソ 1stファ 1stミ 1stレ

1stソ 1stラ  1stシ 3rdド 3rdレ 3rdミ 3rdファ 3rdソ(ハーモニクス) 
3rdソ 3rdファ 3rdミ 3rdレ 3rdド 1stシ 1stラ  1stソ

特に問題なくOK   
あれれ 良く見ると ハーモニクスの次は 同音だ! 
前回も今回も 音階をそのまま降りて弾いてたけど何も言われなかったな・・・
思い込みって恐ろしい。 なんせポジション移動の時って絶対楽譜見てないし (^^;)
お願い先生 ちゃんと 注意してください~

さて。 来週はお盆休みでレッスンはお休み。
そろそろまた残りの曲の予習に力を入れようかな~ (*^.^*)

もちろん カイザーもやりますけど ね ・・・
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。