いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響け重音
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  D線で1章節目~10章節目
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第10番A No.1~No.2
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.48


まずはSevcik。。。 の前に、毎度毎度の五度調弦。
直前の自宅練習で合わせてあるけど、室温と湿気の関係などで
やっぱりレッスン前の調弦が必要な時があるのです。

ここ二ヶ月は弦替えの影響もあって、どうしても細めな調弦が必要だったけど
今まで散々手抜きしていた五度調弦。

最初からチューナーで音合わせ なんて事をしていたから、
レッスンで耳判断を求められても全く解らず。。。

こんな事ではいけない と ここ二週間程は、きちんと五度調弦の手順を踏んで
A線をチューナー音に耳合わせしてから チューナーで確認。
他弦を五度で耳合わせしてからチューナーで単音確認。
とやってみた成果か、低音弦なら 少なくとも「この音は違う」 
難関のE線についても、「なんとなく違う?」 という事は
わかるようになってきた気がしてたのですが・・・

A線は、多分合ってると思う。  先生からもOKが出る。

では次にA線&D線  ラ&レ~~~~ ???  
ん? D線が微妙に低い時がある気がする・・・ けど?   先生も微妙な表情。

D線だけで弾いてみるように言われる。  レ~~~~~
合ってる  よ ね?   先生も頷く  やはり合っているらしい (^^;)

じゃ もう一度 2本で弾いてみる    ラ&レ~~~~~ ???
あれ~ やっぱり何となく低い気がする?

A線だけで弾いてみる  ラ~~~~~  もちろん合っているし (^^;)
D線だけで弾いてみる  レ~~~~~  やっぱり合っているらしいし (^^;)
じゃ もう一度 2本で  ラ&レ~~~  ??? (-_-;)

置いといて次行きます。D線&G線  レ&ソ~~~  うん OK。  ですよね先生?
最後にA線&E線  ラ&ミ~~~  う~ん微妙??? 低いの?高いの?
すみません解りません (>_<)
ちょっと低い という事なので、微調整。

じゃ もう一度 A線&D線  ラ&レ~~~ ???

    右手の圧力加減の問題ですねぇ これは
  
つまり、2本で弾こうと力んでしまっているので音に響きがなくなる
さらに2本を均等の力圧で弾いていないから なのだと言われる。

大きくアップ・ダウンさせる時に、フラフラとどちらかの弦に偏って
音量バランスが悪くなった結果、合っていないように感じてしまうのだという事で。
傾向として弾き始めの音は合っていないけど、しばらくすると合ってくるので
最初からこの音が出せるように、必要以上の力をかけないようにする事が大切 っと。

少し前に、なんだか掴んだぞっ と思った脱力。
  過去ブログ : 2007/4/24 「脱力≒弓圧=音色」
  http://siira22.blog48.fc2.com/blog-entry-90.html

実は調弦でも必要な事だったんですね~ (^^ ゞ


さて、ようやく本題のSevcikです。
今日から No.5に突入し 8分音符の3連符×8個のA線音階 転調5種。

ラシラ シ#ドシ #ドレ#ド レミレ #ドレ#ド レミレ #ドレ#ド シ#ドシ
ラシラ シドシ ドレド レミレ ドレド レミレ ドレド シドシ
ラシラ シドシ ドレド レ♭ミレ ドレド レ♭ミレ ドレド シドシ
ラ♭シラ ♭シド♭シ ドレド レ♭ミレ ドレド レ♭ミレ ドレド ♭シド♭シ
順調♪ 順調♪ 単調な音階は好きなのさ~
 
ラ♭シラ ♭シド♭シ ド♭レド ♭レ♭ミ♭レ ド♭レド ♭レ♭ミ♭レ ド♭レド ♭シド♭シ
だ 駄目ですか・・・  ♭レの音程がおかしい という事で、もう一度。 
ラ♭シラ ♭シド♭シ ド♭レド  #♭レ♭♭ミ#♭レ
問題はココでした。  ド♭レドは問題ないのに、次の♭レが少し高くなり、♭ミが低くなり・・・
最後まで気を抜かずに、指を伸ばさないと駄目なんですね!

でも今回は比較的 さくさくと終了です。


そして、教本の方は 前回までの楽しい 「曲」 は終了し
次の曲の準備練習となるべく 魔のカイザーシーズン の始まりです。
今回はアルペジオ特集の第一弾 カイザー10番Aです。

カイザー10番A

ド(G)ミ(D) ド(A)ミ(D) ×2回,
ド(G)ファ(D)シ(A)ファ(D)×2回,
ド(G)ソ(D) レ(A)ソ(D) ×2回 ~ どんどん続く

2音スラーのアルペジオ。必ず、3つの音を全て押さえてから弾き始める っという事ですが、
その前に準備練習の変奏をいくつかやります。

【変奏No.1】  2音づつ(スラーなし)と二重音
ド(G) ミ(D)  ド(G)&ミ(D)~  ド(A) ミ(D) ド(A)&ミ(D)~
先週、手始めに少し弾いてみたところ、二重音が力みすぎで音が潰れている
特に、2回目の二重音はアップ弓で弾くことになるので、さらに力が入って全く駄目
と言われていたので、今回は脱力重音をせっせ と練習してみた。
つまりこれって、さっきの調弦と同じ事じゃないのさ  と今更ながら気づくんだけど
注意されている内容を、全体に向けては考えられないのは非常に痛いです。

で、どうしてもすんなり出来ない  ファ(D)ラ(A)ラ(E) の押さえ。
ファがE線に影響しないように・・・  と がんばっていたら、

     ファ 離してもいいですよ~   って (^^;)  先生早く言ってください・・・

【変奏No.2】  3連符(スラーなし)と三重音。
ド(G) ミ(D) ド(A)   ド(G)&ミ(D)&ド(A)~ 
三重音は パラパラパラ と弾いては駄目ですよ 
二重音→二重音  ド(G)&ミ(D) から 素早く ミ(D)&ド(A)~ に 移弦 っと。
これは何度もやってるから 随分と慣れて来た感じ。

ただ今回は、ダウン→アップ→ダウン  ダウン と 重音を もう一度ダウンで弾くので
準備不足の弾き始めで音がバラツキやすいので、少し間が空いてもいいから
必ずきちんと弦の上に弓を置いてから弾き始めるように  とのご指摘。
これもいろんな所で何回も指摘される事ですね~ (>_<) もぅ

そして問題の ファ(D)ラ(A)ラ(E)
やっぱり結局 全部押さえないと駄目じゃん!! ってな訳で、がんばって押さえてみるけど
かなり微妙な音に (^^;)  どうしても ファの人差し指がE線に障ってしまいます。
手首が出っ張ってるから、もっと引っ込めてと言われて、いろいろ角度を変えてみたり、
先生が指位置と角度を固定してから離してみるけど、さらに最悪な状況に。
これって もしかして・・・ 指のおデブが原因??
最後には やり易い弾き方でどうぞ  と言われたぞっっ  orz 見捨てられたようです。

他にも、締めのアルペジオと重音
ラ(G) ラ(D) #ド(A) ミ(E)   ラ(G)&ラ(D)&#ド(A)&ミ(E)~
も 超キツキツ  音 完全に潰れてますっっ  

    これは慣れですから~ 今回だけじゃなく 折をみて繰返し練習して下さいね~♪

こんなそんなで No.2も一応終了。 なんかものすごい敗北感なんですけど。。。
音程は良いので と言われたのが、せめてもの救いかなぁ
ま 留まっていても仕方ないので、次回からは やっとホントにアルペジオの変奏です。


最後に、サードポジション音階練習 A線。
1stド  3rdレ  3rdレ~   3rdレ  1stシ(小音符)  1stド  1stド~
1stレ  3rdミ  3rdミ~   3rdミ   1stド(小音符)  1stレ  1stレ~
1stレ  3rdレ  3rdレ~
指位置をちゃんと見ながらでないと無理っぽいけど、数回のトライでなんとか○を頂く。

それにしても、不思議。
何故 曲の中でなら無意識にすんなり移動できるポジションが、
音階練習となると途端に出来なくなるのかな?

本末転倒  ああ未熟。。。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。