いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌うが如く
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第14段~16段
  篠崎バイオリン教本2 : ガボット(バッハ)
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.47

まずは、お決まりのSevcik。
ヘ短調に転調しての最後のG線16音スラーの16分音符です。
『どこで事前・事後の指を押さえるか』 については、毎回毎回
かなりいい加減にやっていた感があるものの
それでも今まではとりあえず何とかなって来ていた訳ですが、今回はどうにも苦戦。
そこで練習2日目に降参して、とうとう楽譜に書込み敢行。

シラシド ラシラソ ドシラレ シドシラ

シドソラ ソシラソ ドレラシ ラドシラ

要はドの時にラも一緒に押さえればいい、
そしてソが来ない限り、ラを離さなければいい。


シソドラ シラシソ ドラレシ ドシドラ

こちらもドの時にラも一緒に押さえればいい、
そしてソが来ない限り、ラを離さなければいい。
後半はレの時にシを押さえて、ラまで離さなければいい。

書込み効果で、今回はかなり楽に弾けた けど
♭レ が音程 悪~ (>_<)

もちろんちゃんと自覚はしてたけど、先生も何にも言いません・・・
そう うちの先生は 私が自覚してる時は絶対に何にも言わないのです。

わかってます。帰ってから復習しておきますっっ

一応 指の動きとしてはOKという事で、No.4終了です。



さて、お次はガボット 4回目のトライ。
今回は晴れて仕上げの最終披露 一発勝負~~ (*^.^*)

と思っていたのだけど、
後半最初の17章節で、とりあえずストップ指示。

やばっ (>ω<)  

後半最初の17章節について、再度 注意を頂く。
1.出だしのフォルテッシモ
  レッドレッ ファッミファッ ラッソラッ レ~ ではなく
  レッドレ~ ファッミファ~ ラッソラ~ レ~
  最初のアクセント以外の音は軽い弓使いで響きを止めないように

2.スタッカートとそうでない部分の弾き分けが出来ていない
  しかも シ シ は スラーの付いたスタッカートなので、
  軽く最後に力を抜く感じの切れで良い。
  つまり、
  ファミレド シッシッ シドレシ ミッミッ ではなく
  ファミレド シ シ シドレシ ミ~ミ~

そして今回 何より重要なご指摘。

  どこまでを1フレーズとして弾くのかを考えてくださいね
  もしもこれを歌うとしたら どこで息継ぎしますか?
  そこまでが一つ区切りですよ 弾く場合も同じですから~
   
w(゚o゚)w す すごい・・・ 魔法みたいだぁ
ちょっと気をつけただけで、今までと全然違うって 解ります♪ 

雰囲気掴めたところで、最初から行きますよ (o^-')b


今度は最後まで完奏~ ♪d(⌒〇⌒)b♪

    後半は全然問題無かったですね~

せ センセ 前半は? ( ̄□ ̄;)

    もちろん 前半が良かったから後半にいったんですよ

ホッ ありがとうございました~
なんだかすごく沢山 大事なことを教わった。

バッハのガボット 本日で終了です。


さて最後、サードポジション音階指練習は
1st←→3rd小音符付ポジション移動 最後のE線に到達。
今回はそれほどの問題は何もなく順当に終了。
移動時に音を滑らせるのは今回で終了。次回からは即移動の練習です。

1stレ(3指)→ 3rdレ(1指)→ 1stレ(3指)→ 3rdレ(1指)

同じ音・・・ 出せるかな?? (^^;)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。