いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松脂アレルギー
今朝はなんだかとっても指がムズムズ

   しもやけ?

そういえば知人が既に しもやけ になってしまった~っ と
言っていたよなぁ と思いながら
すりすりすりすり と指をこすっていたんですが
それは指から手の甲 そして手首の方へ と次第に範囲を拡大していき
収拾つかない状態にっっ

両手は見事に 真っ赤ッ赤 (>ω<) イヤーン

どうやら これは まぎれもなく いつもの あれ・・・


     松脂アレルギー ですわ


そういえば、昨日は帰宅したら
既に旦那が夕飯仕度中で、あと15分したらご飯が炊けるから
ちょっと待ってて と言われたので
じゃぁ バイオリンでも弾こうかな~(=^▽^=) と喜んで
練習していたのでした。

そして「出来た!食べるぞっ片付けて」と言われたので
慌てて片付けて そのままご飯食べて、
その後はすっかりくつろいでしまったんでした  失敗 失敗 (>_<)
※注 もちろん後片付けもやっていない

バイオリン弾いたらすぐに松脂除去
(手を洗うとか、ウェットティシュで拭くとか)
忘れたらあとあと痛い目を見るのは自分ですからね~(T-T)

とにかく痒いので、以前 病院で貰った軟膏薬をヌリヌリヌリ(;_;)


この皮膚炎が最初に発症したのは、去年の夏
おとばよアンサンブルの練習から帰る電車の中での事

その時は、左手下腕に1cm幅×3cm長ぐらいの赤みが出て
とにかく痒くて痒くて掻き毟って傷になり、
その後もその付近だけが繰り返し痒くなる という不思議な状態が続きました。

病院にも行きましたが、
「アレルギー症状だけど、原因の特定は難しいんですよね
 何か思い当たる事は無い?」と聞かれる始末で
一向に解決の糸口は見えず。。。

よくよく考えてみると、痒くなるのはいつも
レッスンの後や アンサンブル練習後・・・つまりバイオリンを弾いた後!
そして赤くなって痒かった場所というのが、
調弦する時に、E線のアジャスタに手をクロスした時に
ちょうど弓の軌道上にあたる箇所だということに気がつきました φ(゚〇゚;)
夏なので、半袖だったし・・・

次の来院の時に先生にそれを言ってみると、

松脂を変えてみるとか 肌を露出しない服にするとか
とにかく松脂を肌に残さないように気をつけてみて
この症状が出なくなれば、それが原因です!

ということで結論づけられた( ̄▽ ̄;)  なんか雨漏りの修理と似てるなぁ

私はもともと気管支が弱くて、弾いてる時にもよく咳き込んでたりしたんですが
松脂アレルギーで咳・胸痛・目の痒みなどのアレルギー症状が起きるという事を知って
そういうアレルギー症状の出にくい製法のものとか、アレルギー持ちの人の検証結果で
これは良かったなどという情報を元にこれが最良だと思える松脂を選択していたので、
他を試すと言っても無理な相談で・・・

ちなみに現在は、アルシェ301を使ってます。
アルシェ301

その前はアルシェ201を使用
アルシェ201

金属のケースの底に丸い穴が開いていて、減ってきたら指で押し上げて使うのです
アルシェ201
アルシェ201

今度買うならアルシェ201soloかな・・・
結局私はアルシェからは離れられない感じ (-.-;)

あとは、抗アレルギー松脂として、バイオリンの先生に薦められて
Clarity(クラリティー)も持ってます。
クラリティ

これは新素材のハイドロカーボンを使っているのでアレルギー症状が出にくいそうです。
が、すごくサラサラなので単品では使いにくく
先生からも使うなら粗めの松脂との重ねづけするといいですよ と言われました。

こうすると弓の吸い付きがいいので、先生のオケ仲間で密かなマイブームなんだとか
 
普通 松脂って 混ぜては駄目だと聞くんですが
これは松脂じゃないから大丈夫って事なんですかね?

でも単品で使えないんだったら、結局意味無いじゃんっっ (>_<)


あとは弾く時は夏でも長袖? (^^;) う~ん

ま とにかく 付着しないように気をつければいいって事ですね


で、この時の通院で貰った薬が これ『アンテベート軟膏』 
劇薬指定のステロイド剤です。

ステロイドは、使用法を誤ると怖い薬。。。
アンテベート軟膏は、強さの程度からすると
①最も強い/②きわめて強い/③かなり強い/④強い/⑤普通/⑥ 弱い
からいくと、③かなり強い になる薬らしい
なのでホントは勝手に使うのはマズいんですけどね (-_-;)
(貰った時も 2週間使ったら必ず来てね それ以上使わないでね とクドく念を押された)


さて 塗って30分もするとすっかり赤みも無くなり
痒みも治まってきました メデタシメデタシ
まだ若干 皮膚がピリピリした感じがあるけど 掻いちゃダメ 掻いちゃ~ダメ~♪

はぁぁ 薬の残りも少なくなってきた事だし・・・ これからは気をつけます (。-_-。)
スポンサーサイト

4ポジに負けた
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.7  21章節目~24章節目
  篠崎バイオリン教本3 : ト長調音階練習(3rdポジション移動)
  篠崎バイオリン教本3 : カイザー練習曲 第13番
  篠崎バイオリン教本3 : 第4の位置 No.24

昨日はイベント参加でヘトヘトになって、帰宅したらすぐにダウン (-.-)zzz
結局一週間あったけど、何も練習できていない状態です ヤバい ヤバい

少しでも練習するべく、会社をそこそこに脱出して実家に辿りつくも
待ってましたとばかりに、父からExcelに関する質問攻めに遭い
大幅に時間ロス(>ω<)

残り10分
とにかくまずは3ポジの音程 ですよね

ロングトーンで確認

今日は1指、2指なら、針は全く揺れない
3指 ちょっとだけ低め 4指 だいたいOK(^^;)
なんか今日は調子よさそう

あとは4ポジ
楽譜を出してる暇はなさそうなので、適当にミから弾く
上りも下りも なんだか不安定・・・
4指は明らかに外してる感じだし (-_-;)
しばらく格闘したけど時間切れにつき終了~ レッスンにGO♪です


本日は月曜日の本店レッスン
まずはSevcikからぶっつけ本番で頑張ります(^-^)/

<基本譜> G線
8分音符8音→ 16分音符8音×2回(スラー)
ラ ♭シ ド  レ   ♭ラ ♭シ  ド  レ
ラ  ド レ ♭シ   ♭ラ  ド  レ ♭シ
ド ♭シ レ  ラ    ド ♭シ  レ ♭ラ
レ  ド ラ ♭シ    レ  ド ♭ラ ♭シ

前回とっても苦労した1指転調
でも今回は1指よりも2指の♭シをキープするのに四苦八苦
低くなったり高くなったり
どうしても1指につられてあっちこっちに移動

ぶっつけですしね。。。(-.-;)

何度か弾いて なんとかクリア とりあえず良かった・・・


さて、お次はト長調音階練習(3ポジ運指)
前回 トレモロからレガートに進んで玉砕したわけだけど
よくよく見たら、どうも順番的には トレモロ → スタッカート →
saltato(サルタート) → レガート → 2音スラー → 4音スラーの順になるらしい
おや 今回から Martellato(マルテラート)がありませんよ o(^ワ^)o ラッキー

とりあえず まずは普通に

ソ(D)~ ラ(D) シ(D) ド(D) レ(A) ミ(A) #ファ(A)
ソ(A)~ ラ(E) シ(E) ド(E) レ(E) ミ(E) レ(E)
ド~(E) レ(E) ミ(E) レ(E) ド(E) シ(E) ラ(E)
ソ~(A) #ファ(A) ミ(A) レ(A) ド(D) シ(D) ラ(D)

続きのアルペジオ

ソ(D) シ(D) レ(A) シ(D) レ(A) ソ(A) レ(A) ソ(A) シ(E)
シ(E) ソ(A) レ(A) ソ(A) レ(A) シ(D) レ(A) シ(D) ソ(D)
ソ(D)~~~  シ(D)&ソ(A)

OKだったらしい v(^o^)

続いて スタッカート saltato 2音スラー 4音スラー
オールクリア ♪d(⌒〇⌒)b♪

やった 良かった とうとう音階脱出です C= (-。- )


では続いて 本題のカイザー13番
ここしばらくすっかり諦めて弾いてなかった・・・ので
多分ダメだろうけど、とにかくとりあえず一通り弾いてみる

   いや~ 思ったとおりボロボロですわ ヽ(´ー`)ノ

3ポジ移動のところ
基点となる親指が1指の位置にきちんと動いてませんでした。
毎度 毎度 同じ間違いを繰り返してます
自分ではやってるつもりだったんですけどね~
レッスン以外で自分勝手に弾いてるのがいけないのかもしれないなぁ ( ^^;)


そして締めのフォースポジション音階練習
前回の基本譜
ミ(G) #ファ(G) ソ(G) ラ(D) シ(D) #ド(D) #レ(D)
ミ(A) #ファ(A) ソ(A) ラ(A) シ(E) #ド(E) #レ(E) ミ(E)~
ミ(E) レ(E) ド(E) シ(E) ラ(A) ソ(A) #ファ(A) ミ(A)
レ(D) ド(D) シ(D) ラ(D) ソ(G) #ファ(G) ミ(G)
のそれぞれの音を3回づつ刻む、3連符音階群

別にそれほど難しい訳じゃないから、前回の調子そのままであれば
すんなりクリアできる筈だったんだけど (-_-;)

直前練習でも怪しかった音程は、やっぱり結局そのままで
上りは少しづつ高くなり、下りは少しづつ低くなる


前回は、3ポジがダメで、4ポジOK
今回は、3ポジOKで、 4ポジがダメ  ||ヾ(_ _*)

毎回これの繰り返しだよ~  やっぱり混在は無理なのか

先生からも、しばらく4ポジ止めますか? との提案が。。。

   混乱してどちらも不安定になるよりは、もう一度集中して3ポジをやって
   落ち着いたら4ポジを再開すればいいですから

ここで4ポジやめたら、なんか復帰できない気がすごくするんだけど
確かにどっちつかずで進んでいくのは良くないと思うから



    4ポジ 今回をもって中断することにします (。-_-。)


ああ 不安だ~   ちゃんと戻って来れるかなぁ
気がかりではあるけれど、それよりは3ポジを安定させる事が至極大事
ようやく本題練習に入れた事だし、また気持ちを入れ換えて頑張ります

さらば4ポジ また会う日まで (T-T)  忘れるな>自分

念願のデュオ
今日は、ピアノサークルのイベント『秋の会』
春に行われる大々的な発表会とは違って、先生のお宅に集まって
気軽にみんなでピアノを弾いたり、リコーダーアンサンブルをやったり、
歌ったり、しゃべったり という催しです。

これに参加するのは去年に続いて2回目

前回は、ピアノを本格的に再開してまだ3ヶ月足らずの時で
まともに弾けるものはほとんどなかったので、
過去の遺産からなんとか発掘した
バッハのインベンション1番 を弾いて見たんだけど、
指は全然動かなくてもつれたし、暗譜忘れたし、笑って誤魔化したし(-_-;)
散々たる結果でしたね~  あれはホントに一年前のことなのかな・・・
 ( 以来、私にとって鬼門となっているバッハ
   ”もう二度と弾くまい” と思ったのでした )

で この日初めてサークルのバイオリン弾きmizumoさんにお会いして
いつか一緒に弾けたらいいな と思っていたんですが
念願叶って、今回一緒にデュオして頂ける事になったんですよ o(^◇^)o

でも これもかなり唐突に決まった事で

最初 私は何をやるか
ピアノでも歌でもバイオリンでもいいけど  という話を先生としていた時に
mizumoさんは、ピアノとアンサンブルで バッハのメヌエットをやる
という情報を聞きつけ、ならそれに私もデュオパートで便乗しようかな ('-'*)
と画策してみたりしたんですが、
アンサンブル自体に慣れないところに音が増えると、ピアノが混乱するかも
という事だったのであっさり計画倒れに終わり意気消沈

そしたらそこにすかさずmizumoさんが 
「ならザイツを一緒に弾きましょうか?」 とフォローを入れてくださり
感謝感激 o(*^ー^*)o

でもザイツじゃ ピアノ弾きさん達には馴染みがないからな~
と悩んだあげくの最終結論が
「カノン」と「主よ人の望みの喜びよ」だったわけなんです。

当日まで会えない中での楽譜の受渡しやら、業務連絡(笑)やら
こんな短期間にまさか実現するとは嬉しい誤算でした。


当日はまずはピアノソロ第一部の発表
そして中間のお楽しみコーナーでmizumoさん達のアンサンブル

でしたが、結局ちゃっかり ここにも飛び入りで参加させて貰っちゃいました♪
バッハのメヌエット1番、2番、3番

篠崎派の私にとってメヌエット1番は、実は馴染みがない曲だったりするんですが
某サイトコミュニティ 「大人になってからのバイオリン」のアンサンブル会
通称「おとばよ会」のお陰で、もちろん楽譜もGET済み
それなりに弾いてみた(^-^) よしよし

続いてメヌエット2番
調子に乗って、デュオパートを弾いてみようかと思ったりしたのが馬鹿でした
ごめんなさい 怪音多発(>_<)
しかも慣れた篠崎譜面を見ていたら、微妙に違う楽譜に惑わされて
どこ弾いているかわからなくなって途中挫折
重ね重ね申し訳ありません。。。
私にはまだ初見演奏は無理な挑戦でした。自覚して深く反省します ||ヾ(_ _*)

そしてラストのメヌエット3番
バッハのメヌエットの中で一番苦手な曲だったりするんですよね・・・
レッスンではもう2年も前に習ったというのに
いまだに綺麗に弾けないってのはなんだかな~(-.-;)

重ね重ねの失礼 関係者の方々には大変ご迷惑をお掛けしました
改めてお詫びを申し上げます m(_ _)m


てな訳で、邪魔しまくりのバッハアンサンブルが終わって

まずは、本職?のピアノ発表
っていうか、ここに来て 壁に貼ったプログラム見るまで
ピアノも弾くって事 忘れてたんですよね~

・・・そういうば バッハアンサンブルが没になったすぐあとに
じゃあ ピアノならこの曲で~ って話をしたんでした・・・

でも それからすぐにデュオの話がまとまって、そればっかり練習してたから
あの時に話した曲は多分弾けない気がする。。。

という訳で、今回も結局 現在唯一のレパートリー曲である
ベートーヴェンソナタ17番 テンペスト第3楽章 を弾いちゃいましたv(^o^)
相変わらずミスタッチはあるけど、一応止まらずに行けたから満足です。


あとは 問題のデュオですよ♪♪

今回2曲弾くと15分はかかるので、プログラムに入れてもらうのはやめて
あとのおやつタイムのBGMとして弾かせてもらおう って事で
勝手に弾き始めて勝手に撤退 (;^_^A  ・・・反応ないのもちょっと淋しいかも  
ま 今回はお試しって事で  ね

「主よ人の望みの喜びよ」
朝の練習ではかなりバッチリだったと思ったんですが、
本番ではやっぱり何だか焦ってしまって数小節で玉砕 (X_X)ゴメンナサイ
一応弾きなおしでなんとか ゴール!  C= (-。- )
あとは所どころの怪しい音程が課題かなぁ
美しくハモる為にはやはり正確な音程が必要ですものね

「カノン」
練習の時の速度は、かなり遅めで設定してたんですが
火事場の馬鹿力といいましょうか
結局のところ これが普通のカノンの速度だよね~ っていう
速さになってしまいましたね (^^ ゞ
やっぱり速さに負けて微妙に転んだりはしてましたけど、
なんとか合いましたね
あとはこちらも苦手部分の音程(特に3rdで弾いたあたり)を
もっと安定させられればいいんだけど・・・


すご~い 素敵~ さすがmizumoさん♪d(⌒〇⌒)b♪
こんな未熟な私にちゃんと合わせてくださってありがとうございました~
いつか また 一緒にデュオしてくださいね

さ~これからは また次の機会に向けて練習だわ
なにかいい曲無いかな~ ('-'*)

でも今回せっかく練習したこの曲達も、レパートリーとして
いつでも弾けるようにしておきたいなぁ
今の状態をずーっとキープするのもなかなか難しいんだけど
ちょっと弾かなくなるとすぐに忘れちゃうから
定期的に弾く習慣をつけないと ね

これから年末にかけて、まだまだイベント見白押し(*^.^*)
どれも大事で大変だけど、練習頑張ります!

さて明日は   実はレッスン日だったりする。。。 激ヤバですっっ(^◇^;)

主よ、人の望みの喜びを
そして・・・もうひとつの趣味の練習曲

   『 主よ、人の望みの喜びを 』

<<Vn1譜>>
主よ人の望みの喜びよ V1_1
主よ人の望みの喜びよ V1_2

<<Vn2譜>>
主よ人の望みの喜びよ V2_1
主よ人の望みの喜びよ V2_2

某ピアノサークルの内輪の音楽会で弾くデュオ曲 その2であります ( ^^ゞ

こちらも最近 同じく
某サイトのバイオリンコミュ「大人になってからのバイオリン」の
関連イベントでアンサンブル譜を入手

やっぱりバッハは良いねぇ~ (*´∇`*)

私のプチ目標は バッハの 「 2つのヴァイオリンのための協奏曲 」
いつかこれを弾いてみたい と思いつつも
まだまだ叶いそうには無いので、気分だけでもバッハでデュオ♪

こちら 今回私はVn1で (*^.^*)
ピアノでも御馴染みのこの曲 メロディーは知ってるから譜読みは楽・・・

   じゃ ありませんでした


これ楽譜が 9/8と 3/4が入り混じってるんですよね( ̄▽ ̄;)
やられた~

よ~く見ないと、カウント間違えてえらい事になるんですよ

ま でも これは何度かやっていれば覚えてくるのでOK

あとは、音程
47章節目~48章節目のところの♭シ と 次のシ   に が て ||ヾ(_ _*)
以外は、たまに出てくる臨時記号に惑わされなければOKですが・・・

で 速度はやっぱりあまり出せないので、3/8=45 ぐらいですかね
当日 怪しい音程連発したら ごめんなさい
最後まで悪あがきはしてみますが・・・

パッヘルベルのカノン
某ピアノサークルの内輪の音楽会で弾くデュオ曲の練習・・・ v(^o^)
という事で、
しばらく前から、レッスン課題の練習もそっちのけでやってます。


   『 パッヘルベルのカノン 』

パッヘルベルのカノン1

パッヘルベルのカノン2


バイオリン弾きには超有名な
巷のバイオリン教室の発表会では、大抵最後の全員合奏に使われているらしい
定番曲だったりするんですが、あいにくと私には縁がなく・・・
最近になってやっと、
某サイトのバイオリンコミュ「大人になってからのバイオリン」の
関連イベントで楽譜をGETしてウキウキしてたんですが
これがなかなか手強くてなかなかうまく弾けない (>ω<)

でもこの曲なら バイオリンを弾かない人でも知ってる曲だし
ハーモニーが綺麗だし、どうしてもどうしてもやってみたかったんですよ~

なので、サークル内のバイオリン弾き(アマオケではビオラ弾き)のmizumoさんに
お願いして音楽会のおやつタイムのBGMに、デュオってみる事にしたのです。

速度は、一番速い所が無理なく弾ける 1/4=55程度、
かなり遅めだけど、このくらいならまだ2分音符のところも我慢して聴けますよね

今回は私が先行 (^-^)/
二人しかいないので、Vn1とVn2しかありませんが
先行パートがとにかく最後まで一定速度で行かないと駄目なんですよね( ̄▽ ̄;)

メトロノームをかけて、テンポ確認
やはり途中走ってしまう所はいつも同じ

9章節目~12章節目:弾き易い16分音符群だから走りやすい

その後の13章節目~:テンポキープが非常に重要
           ~12章節目までの16分音符の速さから、
           また4分音符に戻すってのがすごく大変なんですわ

29章節目~32章節目:単調なフレーズなので一気に加速傾向有り
            ここは要注意です(>ω<)/

問題の17章節目~20章節目については、最初指がもつれてもつれて
どうにもうまく弾けなかったんだけど、
『ミはA線4指で弾く』って事に気づいてからは、すごくスムーズ (o^-')b


テンポもあまり揺れなくなったので、そろそろデュオった感じも試しておくことにしました。

メトロノームをかけて一通り弾いたものを録音、
それに合わせて、弾いてみる。

でも まずはちょっと気になっていた件を検証する。。。

今回2人しかいないので、パートはVn1とVn2でやろうと思っていたんですが、
もしかしてVn1とVn3の方がいいのかなぁ?
なんて事もふと思ったので ('-'*)

Vn1&Vn2:同種の旋律で綺麗にハモる前半
        但し、最後の方の半拍づれのあたりがやっぱり微妙な感じ (;^_^A

Vn1&Vn3:完全な別パートで進んでいくので、メロディーラインがはっきりする
        バッハ系? ( ^^;)
        これはこれで面白い気がするけど、
        カノンの聴かせどころであるハモる所が無くなっちゃいますね

じゃ やっぱりVn1&Vn2って事で (^o^)/


さていよいよ本来の練習

録音をVn2にするので、私は先行スタートしますが、
やはりなかなか合いません (>_<)
特に最後の方の半拍づつズレているところなんか、先にVn1が通常フレーズに戻ってしまうので
ここで速度を間違えると、どことどこが合っているのか訳解らない。。。
Vn3がない分 少し不思議な感じになりますしね

そうそうVn3がないから・・・と言えば、21章節目~24章節目のところ
Vn2が21章節目~&Vn1が23章節目~ の時はいいんだけど
Vn1が21章節目~22章節目の間は、休符があると何だか間が抜けた感じになる気がする・・・
ここは休符なしで4分音符で弾くか、フワッと軽く弾く感じにしますかね

あとは、29章節目~のところ
先に到達するVn1があまり頑張り過ぎると少しうるさい感じ?
ここは少し音量押さえ気味で行きますね

とにかく先行パートの重大使命はテンポキープ

本番までもう残りわずか 深夜のミュート練習しかできませんが
とにかく頑張ります * ̄O ̄)ノ
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。