いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ前進
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.6  117章節目~120章節目
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第2番
  篠崎バイオリン教本3 : 第4の位置 No.19(再)

8月もとうとう終わる・・・
そろそろ秋から年末にかけての諸々イベントが目白押しになってくるので
スケジュール管理がとても重要になってくるのですよね

とりあえず土・日にしかできない予定は優先させる為に、
平日にこなせるものは確実にやっておかなくてはっっ

てな訳で、今週もレッスンは月曜日 ( ^^ゞ
もういっそのこと曜日変更してしまおうか と思っていたのに
10月からは、新規の生徒さんが この月曜日21:00~に入ってしまうそうで orz

火曜日20:00~ 来れるかなぁ・・・
というか 10月 
私はどこに行ってるのかな ( ^^;)
↑↑ 現在は隣接県まで毎日通ってます ドアtoドアで2時間半


さて、それはさておき Sevcik No.6
今日も元気に行きますよ (^o^)/

Sevcik <基本譜> A線
4分音符(スラー) → 8分音符4音×2回(スラー) → 16分音符4音×4回(スラー)

ラ  #ド  レ   シ
ラ   ド  レ   シ  
ラ   ド  レ  ♭シ  
ラ  #ド  レ  ♭シ  

はい 今週も何の問題もございませんです
あともう少しでNo.6は終了です

    だいぶ慣れてきたので、このまま続けた方がいいですね~♪

前にここから後は、抜粋してやると言われてたんですが
結局そのまま次に進むことになりました。

? なんか・・・不吉な予感がする ( ^^;)


さて お次は ザイツ学生協奏曲第2番
前回いろいろ いろいろ いろいろ と言われたけど、いきなりすべては出来ないので
今回は重音強化週間と題して、3箇所の重音が入る周辺のみを重点的に練習して来ました♪

【今回の注意点】(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は8章節目からスタート)
1.19章節目~20章節目の重音
  あんなに練習したのに、今日もうまく弾けなかった。。。
  いきなりの一発勝負に勝てるようになるにはまだまだ修業が必要みたいです
2.48章節目~67章節目
  フレーズごとの意識はできているので、あとは強弱記号にも注意を払う事
3.68章節目~83章節目 
速度を落として練習する事!!(何度目の注意だろう・・・そのうち呆れられるかも)
5.トレモロの部分、ダウンの時にのみ力が入り カクカクした弾き方になっているので
  ダウン・アップともに均等な圧でボゥイングをする事
7.107章節目~の重音 
  少し失敗したけど、かなりの出来?
  
まだまだ注意点は多いけど、少し形にはなってきたかも♪


そして締めの、フォースポジション音階練習。
前回に引き続き全弦変調音階にトライ
レ(G)~ ミ(G) ファ(G) ソ(G) ラ(D) シ(D) #ド(D)
レ(D)~ ミ(A) ファ(A) ソ(A) ラ(A) シ(E) #ド(E)
レ(E)~ ド(E) ♭シ(E) ラ(A) ソ(A) ファ(A) ミ(A)
レ(D)~ ド(D) ♭シ(D) ラ(D) ソ(G) ファ(G) ミ(G) レ(G)~

前回レッスンでは4指の音程が高い と散々言われておりましたが
改めて落ち着いて弾いてみると、逆に微妙に低くなる傾向のようで・・・ (-_-;)
なんだかよく判りませんね

ま あれは一時の気の迷いだった という事にして
チューナーで音程を聴きながら、再度指幅を確認して来ましたよ

その甲斐あって、今回は一発OK

かなり馴染んで来た気がするよ 4ポジ♪ って
う~ん ホントに気のせいだったら どうしましょ ( ^^;)

ま それは次回で確実に判明する話ですけどね・・・

とにかく気合だ! 頑張ります (>ω<)/
スポンサーサイト

新たな決意
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.6  113章節目~116章節目
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第2番
  篠崎バイオリン教本3 : 第4の位置 No.19(再)


お盆休み中に少しは集中して練習できるかと思いきや
やっぱりお盆の行事あれこれに時間をとられて、結局いつものペース

但し弦交換をしたので、しばらくは こまめに弾いてあげないと安定しないので
普段は弾かない自宅でも、時間があれば弾いてみたりして。。。

    旦那「初めて聴いた・・・お前のバイオリン」

えぇ? (°O°;) あれま そうだったっけか

そういえばピアノも電子ピアノで音出してないから、
何弾いてるか全然わからんっっ て言ってたっけ (;^_^A

まぁ また機会があったら、発表会にでも誘ってあげますよ 
・・・ 私が自信を持って弾ける時だけね~ (-.-;)


今週もやっぱりレッスンは月曜日になりました。
最近の月曜日の楽しみはレッスン前の待ち時間に、『あんど~なつ』

この最後の10分間で強引に解決に持っていく、水戸黄門的なストーリー素敵
しかも泣かせる (T-T)
毎回 うるうる目でレッスンに向かう事になるのでありました。


さて、Sevcik No.6も残りあと少し
今日も元気に行きますよ (^-^)/

Sevcik <基本譜> A線
4分音符(スラー) → 8分音符4音×2回(スラー) → 16分音符4音×4回(スラー)

ラ  #ド   シ  レ
ラ   ド   シ  レ  
ラ   ド  ♭シ  レ  
ラ  #ド  ♭シ  レ   

はい 何の問題もございませんです
こんな日がまさか来るとはね(笑) 最初の頃は思いもしなかった事ですよ


さて お次は ザイツ学生協奏曲第2番
ひととおり弾けるようになって来たので、細かい指摘をボロボロ頂く (>ω<)

【今回の注意点】(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は8章節目からスタート)
1.19章節目~20章節目の重音
  今回は音程はOK スタッカートになっている所をしっかり切る事
2.48章節目~67章節目
  どこまでを1フレーズとするかを意識する事
  今は、スラーがかかっている所が1区切りでブツブツに切れた感じになっている
3.67章節目のritの間に次のアルペジオに意識を持って行くように(準備不足)
  ※いつもここに入ってから3小節程度を弾いたあとに一旦止めてしまい、
   再度仕切り直ししている事に対する指摘
4.68章節目~83章節目 速度が上がってきて少しヘタレてきているので
  もう一度速度を落として、濁りの無い音がでるように運指を確認する事
5.94章節目~95章節目の重音はOK
6.102章節目のテヌート 少しテンポダウンしてもいいのではっきりと付ける事 
7.107章節目~の重音 
  特に108章節目の音程に注意。シ(E)が高くなりがち
  音程が不安だと力が入ってしまうのか? 押さえつけすぎで響きが死んでいる
  スタッカートではないので、切らずに弾ききる事
  
完成はまだまだ遠い・・・


そして締めの、フォースポジション音階練習。
前回に引き続き全弦変調音階にトライ
レ(G)~ ミ(G) ファ(G) ソ(G) ラ(D) シ(D) #ド(D)
レ(D)~ ミ(A) ファ(A) ソ(A) ラ(A) シ(E) #ド(E)
レ(E)~ ド(E) ♭シ(E) ラ(A) ソ(A) ファ(A) ミ(A)
レ(D)~ ド(D) ♭シ(D) ラ(D) ソ(G) ファ(G) ミ(G) レ(G)~

あれれ (-.-;) おかしいな~
練習ではいい線いってると思ったのに・・・

下りの音程がどんどんズレていく。
特に最後のG線はソ(G)は合っているのに、
その後が少しずつ少しずつすべて狂っている。。。

   ら し い

という表現をしたのは、自分では判らなかったから

これまで高音弦がきちんと聴き取れないのは自覚していた事だけど
低音弦までおかしくなって来てしまいましたよ (>_<)

先生曰く、これは自分の音を聴いていない証拠なんだそうだ

そうだった チューナー確認は一番最後なんですよね
まずは耳で聴いて音程の正誤を自己判断しなきゃ駄目でした

ここんとこ毎度毎度苦戦しているのは、
実は 4ポジが・・・って問題じゃないのかも (;^_^A


ところで問題の選曲ですが、
今日は先生の方から突然に切り出されました。

で、ここんとこ悩んでいた話をしてみたのですが・・・

   3ポジにするにしても、とにかくこのザイツが終わらないとね
   
確かに 確かに
こんな半端なまま3巻に進むのは 私も不本意ですもん ε-( ̄ヘ ̄)

それにこのままザイツで年末まで~ の懸念は

   そこまで掛けなくても終わるよね?

の一言で払拭。

そう要は サクサクっと 終わればいいんですよ ザイツ
年末に弾いても弾かなくても、ちゃんと弾けるようになれば 終わるんですよ ザイツ

え~え~ そうですよ
前回年末まで延々と苦戦してたのは、弾けなかったからですよ ザイツ (。-_-。)
結局本番は大失敗したし、今でも思うように弾けないけどね第5番は。。。

という事で、基本的にはザイツ以外にする方向で決定♪
とにかく練習。

早めに合格もらって3巻に入れるように頑張ります (>ω<)/

優柔不断
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.6  109章節目~112章節目
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第2番
  篠崎バイオリン教本3 : 第4の位置 No.18(再) ~ No.19

お盆前の今週。火曜日は休みという事で、今週も月曜日レッスンです。
選曲について、ギリギリまで悩んでみたけど結局心決まらず・・・

3ポジの曲もいろいろ見てみたけど、適当なものは見当たらず
かと言って、ザイツにするのも・・・
教本以外から選ぶって手もあるけど、それもまたいろいろ問題あるし。
でもやっぱりザイツってのもどうかと思うし。。。

と待ち時間もずーっと悩み続けて、いよいよレッスン開始。
まずはお決まりのSevcik 行きますよ (^o^)/

Sevcik <基本譜> A線
4分音符(スラー) → 8分音符4音×2回(スラー) → 16分音符4音×4回(スラー)

ラ  レ  #ド   シ
ラ  レ   ド   シ  
ラ  レ   ド  ♭シ  
ラ  レ  #ド  ♭シ  

今回は1指と同時に2指・3指を降ろせるのが理想なんでしょうが
さすがに無理なところも多々あるので、
キツいところは、2指・3指と1指は別々にとらせてもらいました。

微妙にタイミングずれした感はあるけど
「最後まで気を抜かないように」すればOKという事でそのまま進みます(^^;)



さて お次は ザイツ学生協奏曲第2番
ボゥイングには大分慣れてきたので、
あとは不得意な所を一つずつやっつけないとね(;^_^A

今日の一番の問題点は、初めの方にちょっとだけ出てくる重音
メロディー部 ミファソファミレ が 音程狂ってるらしい。。。

単音で弾く ミファソファミレ 

    先生頷く  (音程はOKという事ですね)

ラと重音で弾く ミファソファミレ 

    先生「外れてますよね?」  

    私 「・・・」(?)

本気で判りませんでした (-_-;)

なので、延々と正しい音が出るまで弾き直し。

今はまだ弓を2本の弦に当てる事で精一杯だったりするから、
音を聴く余裕はどうやっても無いのです。

    それなら 聴ける余裕のある速度で弾いて下さいね

はは~ おっしゃる通りです (ノ_-;)
少し弾けるようになるとやたらに速度を上げたくなるのが悪い癖です。


そして後半部分のアルペジオは だいぶ慣れて来た感はあるけど
まだまだ反復練習が必要。

あとは最後に再度主題が出てくるところ。
最初とは違うところにスタッカートがついているのを見逃さずに弾く事。

まだまだ指摘箇所は際限なく出て来そうな気配ですが
とにかく少しづつ前進あるのみです。


そして締めの、フォースポジション音階練習。
問題の全弦またがりのアルペジオ音階練習。
レ(G)~ ファ(G)~ ラ(D)~ ド(D)~
ミ(A)~ ソ(A)~ シ(E)~ レ(E)~
レ(E)~ シ(E)~ ソ(A)~ ミ(A)~
ド(D)~ ラ(D)~ ファ(G)~ レ(G)~

今回はチューナー様の力を最大限に利用して
指位置のイメージを確認して来ましたよ。
結果 ミ(A)は、今まで思ったてたよりは高めに位置するという事。
ミ(A)とソ(A)は実はあまり離れていないんだ~ って事。
ミ(A)とシ(E)の位置関係 などなどようやく判ってきましたよ v(^o^)

上がりの音程はバッチリ決め、さてあとは下るだけ~
だったのですが、この
シ(E) から ソ(A) に戻る所がなかなか厄介で、何度も音を外す。
以外と近い距離なんだわさ

とりあえず何回かトライさせてもらって、なんとか合格。
とはいえまだまだ復習は必要なので引き続き練習練習。


さて、今日はこのまま次もやってみます。
レ(G)~ ミ(G) ファ(G) ソ(G) ラ(D) シ(D) #ド(D)
レ(D)~ ミ(A) ファ(A) ソ(A) ラ(A) シ(E) #ド(E)
レ(E)~ ド(E) ♭シ(E) ラ(A) ソ(A) ファ(A) ミ(A)
レ(D)~ ド(D) ♭シ(D) ラ(D) ソ(G) ファ(G) ミ(G) レ(G)~

またまた全弦にまたがる音階練習なのですが、今度は途中の1指が
♭になってたりする(^^;)

しかも上りと下りで調が変わるし・・・
ぎょ 玉砕 orz

まだまだ不慣れです4ポジ。。。


結局あんなに悩んでいたのに、今日 先生からは特に選曲の話は出ませんでした。
このまま私が何も言い出さなければ、自動的にザイツで決定してしまうのかな?

ああ どうしよー ||ヾ(_ _*)  

お盆休み。 ゆっくり休んでもう一度考えます。

迷走
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.6  105章節目~108章節目
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第2番
  篠崎バイオリン教本3 : 第4の位置 No.18(再)

今週はまたいつものペースに戻って月曜日レッスンの予定。
今日もサクサクと定時に仕事場を脱出するぞ~!! 

そろそろ日中の気温がかなりヤバい状態なので
今日はマロちゃん自宅待機。 

お迎えに行くまで良い子で待ってるんだよ~ (;_;)

家の中でも熱中症になるらしい。。。
犬、猫、ハムスターなどペットもご注意下さい とラジオで言っていたが
もしかしてマロちゃんもピンチ??

19:30頃に自宅に戻って、部屋に入ると途端に熱気。
あぢぃ~~~ 
マ マロちゃんっっ なんかボディーが異様に温まってます (;^_^A

先生に話すと、
「しぃらさんもバイオリンケース ライト(軽量タイプ)ですよね~
 軽い分、熱を持ちやすい材質なので、置き場所には十分気をつけて下さいね」
と言われました・・・

先生、今年になってバイオリンケースを軽量タイプのに変えたらしいんですが
二階の部屋に置いておいたら、中に入れてあった松脂が溶けて変形したらしい。
 
ん~ 家に置いといても心配だなぁ
早く涼しくなって欲しいですね


さぁて それはともかくとして まずはSevcik 行きますよ

Sevcik <基本譜> A線
4分音符(スラー) → 8分音符4音×2回(スラー) → 16分音符4音×4回(スラー)
ラ   シ  レ  #ド  
ラ   シ  レ   ド  
ラ  ♭シ  レ   ド  
ラ  ♭シ  レ  #ド 

会心の出来栄え♪

こういった上から下がる音階の時には、2指と3指は同時に押さえる事になるのですが
今までは大抵 指が同時に降りずに雑音が入る と言われていました。

   が

今日は絶好調 ♪d(⌒〇⌒)b♪  バシッと決まりましたよ

音程も問題なしで、まったく何も指導される事なく終了で
滑り出し順調。


さて お次は ザイツ学生協奏曲第2番

相変わらず弾けないのは、最初の重音のところ。
ここはまだまだまだ部分練習しなくては・・・

そして次頁のアルペジオのところは、少し指が回るようになって来たかな~ (^o^)
と前回よりはスピード上げて上機嫌で弾いていたんですが・・・

   雑音入ってますよ~ 

   指 離れてますよ~

えー? そ そんな筈は無いんですけどー (-_-;) おかしいなぁ

もう一度テンポを落として移弦の際の指使いを確認する事。
了解です~


そして最後は締めの、フォースポジション音階練習。
問題の全弦またがりのアルペジオ音階練習。
レ(G)~ ファ(G)~ ラ(D)~ ド(D)~
ミ(A)~ ソ(A)~ シ(E)~ レ(E)~
レ(E)~ シ(E)~ ソ(A)~ ミ(A)~
ド(D)~ ラ(D)~ ファ(G)~ レ(G)~

も 申し訳ございませんっっ
出直して参ります。

A線 E線 の音程ったら最悪 (X_X)
しかも違っている事が自力判断できませんっっ
これはもう一度チューナーとにらめっこですわ


とうとう8月に突入。
先生から再度、年末の個人的発表会の演目について訊ねられた。

   ザイツ で行きますか?
   3ポジの曲をやるなら、もう決断しないと間に合わないですよ
   次回までに考えてきて下さいね~

ザイツも弾きたいのは山々なんですが
ここでまた年末まで足踏み状態ってのも何だかなぁ と思いまして・・・
早く3巻に入りたいってのが本音だったりする (-.-;)

ま とにかくもう一週間 考えます。

TONIKA
ところで、ここんとこ立て込んでいて弦交換もしていなかった事に気が付いた。
最近とにかくA線だけがよく狂うので、弦の劣化かも・・・

てな訳で、そろそろ弦交換する事にしました。

年末本番をターゲットとすると、最終交換は10月末あたり?
その時にまた冒険をする事になるんですが、今はとりあえず何かをチョイスしなくてはっっ

3ヶ月間だけの間つなぎになるので、お試し待ちというより、
単なる非常用予備弦として買っておいた ピラストロ社のTONIKA に決めました。

   TONIKAは、マロちゃんに最初に張ってあった弦と同じ物ですよ (*^.^*)

3年近くもストックとして持っていた弦だけど大丈夫かな (;^_^A

サイレントバイオリン購入時の調弦で、店員さんにE線を切られた後遺症で、
とにかく予備弦を確保しておかないと安心できなくなってしまった私は
購入と同時に 『 今張られている弦と同じものを一式 』買ってしまっていたのです。

でもその後一年半もの間 弦は切れる事もなく元気に活躍し
いざ弦交換という時には、浮気心が出て 結局は未知の弦に手を出してしまい
現在に至る。。。と  ||ヾ(_ _*)

   せっかくだから、もったいないから どこかで使いましょうね

と先生からも言われていたので、今がいい機会かな

弦交換もこれで何度目かしらん
  駒を倒さないように注意
  弦が重ならないように巻きに注意
  ペグが調弦しやすい向きで終わるように注意

そして試弾 ♪d(⌒〇⌒)b♪

うふふ やはりTONIKAは音色が優し~い♪
華やかさに欠けるので、ソロ向きではない気がするけど
アンサンブルなんかでは変に浮き出る事もなく
皆に同調しやすいと思う。。。

年末までにはアンサンブル(10/26)とアンサンブル(12/7)とソロ(12/14)
と微妙な間隔でイベントがやって来る。。。
こういう場合はどうしたらいいのかなぁ  ( ^^;)

そしてレッスンでの先生試弾の結果も上々♪
やっぱり 最初に張ってある弦ってそれなりに意味があるんでしょうか
マロちゃんにはお似合いみたいです

そろそろ新しいお試し候補を探しましょうかね

お試し待ち弦はとうとう残り1種類
非常用ストック弦も残り1種類となりました。。。

ドミナントも一度は試してみてもいいかなって気がして来たし
ここらでまた Warchal KARNEOL を再検証してみたいとも思うし
あ~困った (>ω<)

しばらくは情報収集
今度こそハズレを引かないように頑張りまっす * ̄O ̄)ノ
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。