いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとばよアンサンブルⅢ 本番
今日は、某サイトのコミュニティ 「大人からバイオリン」にて企画されている
アンサンブル第3回 の演奏日です。

今回は、クリスマス時期という事もあって
新曲のクリスマスソングを引っさげて、行って参ります。

今日の演奏場所は、名古屋市栄にある 老人福祉施設。
ここは第1回のアンサンブル演奏場所なんだそうですけど、私にはお初の場所。
前回はすごくせまい部屋に詰め詰めに入って折り重なりながらの演奏だったと
聞いてたんですが、どうも今回は違うらしい。。。ドキドキ

開演一時間前には会場入りして、リハーサル~
あ と その前にとりあえず会場を下見して立ち位置の確認をしないといけませんねぇ

施設の方に連れられて会場に行ってみると
なんと各種イベントに使うらしいL字型の空間 (^^;) げっ 広い

しばしリハっていると、定刻30分前から入場開始という事で、
皆さんが徐々に集まってくるので、一時退散して控え室に。。。。。

うわぁ なんかプレッシャー感じるよ~

気を落ち着けてもう一度練習、
室温に敏感に反応する弦の調弦を再度行って

さあ そろそろ時間
再度 会場に移動しますよ (^-^)/


    (°O°;)  ひょ え ~ ~ ~ ~ ~

すごい人数いるんですけど~
第一回アンサンブル経験メンバーもびっくりな観客数。。。
もしかして200人はいる?

聞けばこのあと続いて誕生日会もやるんですって


入場も終わり、さて本番

大将PさんのMCは絶好調
ここは2回目だという事だけど、お初の方もいらっしゃるので
まずは我ら「おとばよ」の紹介から、
そして曲についての解説を入れつつ演奏 ♪d(⌒〇⌒)b♪

『故郷』 第1パート担当
少しは余裕を持って弾けるようになってる かな(^^;)
とはいえ たまにボウイングを間違えるのは相変わらず・・・

『君をのせて』 第2パート担当
ソロで無くて良かった(;^_^A  って感じですか
ごめんなさい いろいろやってしまいました
ま この曲 かなり音が入り組んでるので、少々の事は問題ないんですが
とりあえず自己反省は必要。。。(-.-;)

『ジングルベル』 第1パート担当
結局最後まで、音程に自信が持てずに迎えた本番
やはり怪しいところは何となく怪しいまま (>_<)
こういう事があると、やっぱりシールが必要かな・・・
って思ってしまうんですけどね~ 精進せよ自分! * ̄O ̄)ノ

『きよしこの夜』 第1パート担当
最後なんだなぁ~ って すこしシンミリ
そしてこの曲はやっぱりハーモニーがすごく綺麗です。
盛り上がりの高音部分の音程が微妙になったけど、
すぐに修正できた(つもり(^^;) )なので許してもらえるかしらん

終わりました~ C= (-。- )

今回は3ヶ月間という短い期間で練習してきたので
少し大変だったけど、なんとかついて行けて良かったです。


そしてイベントは続く

前回は、ソロの演奏なんかもあったと聞いたけど? と思っていたら
やはり今回もそれなりにネタは仕込んであったらしい

指揮のNさんと、Cさんがデュオで『エーデルワイス』

   すご~く綺麗でした~ (*^.^*)

会場を見渡すと、あるおじいさんが涙をぬぐっているのが見えた
なんだかとても懐かしい 心にしみる音色でした。

音楽って 言葉以上に伝えられる何かがある

聴いてくれる相手がいるのはすごく恵まれた事
自分の奏でた音楽を喜んでもらえるのはとても幸せな事

これからも いつまでも 音楽の使徒であり続けたい


また機会があれば是非とも参加したいです。
スポンサーサイト

レッスン納め
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  105章節目~112章節目
  篠崎バイオリン教本2 : ピチカート
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.64 子守唄


ここ4ヶ月間の『個人的都合による発表会用特別レッスン』が
とうとう終わりとなり、今回からは通常レッスンに戻ります。

ここしばらくは他の教本はすべて取り止めて、ザイツ一本に絞っていたので
久々の Sevcikですよ。

#ソミ#ファ ラ#ファ#ソ ラ#ファ#ソ シ#ソラ
シ#ソラ   #ソミ#ファ #ソミ#ファ ラ#ファ#ソ

ソミ#ファ ラ#ファソ ラ#ファソ シソラ
シソラ   ソミ#ファ ソミ#ファ ラ#ファソ

ソミファ ラファソ ラファソ ♭シソラ
♭シソラ ソミファ ソミファ ラファソ

ソミファ  ♭ラファソ ♭ラファソ ♭シソ♭ラ
♭シソ♭ラ ソミファ  ソミファ  ♭ラファソ

苦もなく終了。なんだか物足りない感じ。。。



そして、ザイツに別れをつげた 次の練習曲は『 ピチカート 』
   
 ・・・ピチカート ですよ (^^;)

 ああ 蘇る マロちゃん傷害事件(泣)
 http://siira22.blog48.fc2.com/blog-entry-27.html
 http://siira22.blog48.fc2.com/blog-entry-28.html
 http://siira22.blog48.fc2.com/blog-entry-29.html
 習い始めてまだ半年だったあの頃。 苦労してたんだなぁ (^^ ゞ
 
まぁ今回は弓の持ち替えは無いから、大丈夫ですけど
なんか縁起悪いから嫌だなぁ・・・

で、久々のピチカートは高音部がたくさんで。今は冬で。
なのにE線でフォルテだなんて 酷ですぜ (>_<) 指先痛いっっ

2日前までザイツにかかりきりだった(例の発表会だった)のは言わずともなので
まともに練習などしてないってのがバレバレだったらしく
今日は譜読み的に、注意点などを聞いて終了。


そしてサードポジション練習は、小曲練習第2弾。「子守唄」 

3rdミ(A) 3rdミ(A) 3rdド(D) 3rdシ(D) 3rdド(D) 3rdシ(D)
3rdラ(D) 3rdラ(D) 1stファ(D) 1stミ(D)
3rdレ(A) 3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rdファ(A) 3rdファ(A) 3rdミ(A)
1stシ(A) 1stド(A) 1stラ(A) 1stシ(A)
3rdミ(A) 3rdファ(A) 3rdミ(A) 3rdラ(E) 3rdシE) 3rdラ(E)
3rdミ(A) 3rdファ(A) 3rdファ(A) 3rdミ(A)
3rdミ(A) 3rdファ(A) 3rdミ(A) 1stド(A) 1stミ(A) 1stド(A)
1stシ(A) 1stド(A) 1stラ(A) 1stシ(A)

こちらも久々の3ポジ。
音程については特に問題はなかったものの、またまた空中移動していたらしい。
失敗。 失敗。 完全に忘れてる(-_-;)

移動時は、弦の上を滑らせるように移動する事。
3rd 時 親指の位置誤り(人差し指の位置に来ていない)

     ちゃんと思い出して下さいよ~

     今まで散々練習して来たんですから~~

ですよね・・・ (^◇^;)

なんだか ザイツが終わって 燃え尽き症候群発病。

レッスンも全体的にあっさり と終わってしまた感じですが、
何はともあれ 今年はこれで終わり。

今年はアンサンブルやソロ演奏など いろんな経験が出来て良かった。

来年もますます力を入れて励みたいところですが、
実は今月から、仕事で遠方まで通わなくてはいけなくなり、
現在の火曜日20:00~ というレッスンに通うのが困難な状況になってきました。

今月はなんとか乗り切ってきましたが、来年からは
  可能な限り時間を後ろにずらしてもらう。
  早く帰れそうな曜日に都度都度 変更してもらう。
  個人的に都合の良い休日にレッスンしてもらう。
などなど打開策を考えないといけません。

本当は教室を春まで休講にして、先生の自宅に通う というのも考えたけど
休日は休日で結構予定が詰まっているので、平日に消化できるものはなるべく終わらせておきたい。
それに休日にレッスンとなると、練習はいつするの? って話になりますもんね

最近かなり色んな事に手を出しすぎて、少しオーバーワーク気味ではありますが
やりたい時が始め時♪
あの時にやっておけば良かったなんて後悔はしたくないですもんね (*^.^*)

来年も自分のペースで頑張れますように。。。

そして燃え尽きる・・・
今日は、某サイトのピアノコミュ「大人になってからのピアノ会」略して「おとなぴ会」
で半年ごとに開催される発表会。

今回 ピアノは新曲練習が間に合わなかったため(半分は口実)バイオリン弾きます! 
と かなり前から宣言をしていました。
その成果をとうとう披露する日がやって来ましたよ o(^◇^)o

   ザイツの 学生協奏曲第5番  第1楽章

もうかれこれ4ヶ月 この曲にかかりきりでレッスンして頂いた先生に良い報告できるかな?

名古屋市内のジャズバーを借り切って行われる このイベントは『自分の為の音楽会』
自分が目標を持ってがんばれるようにと開かれるすごくフランクな発表会。

だから失敗してもいいの。下手でもいいの。
自分の弾きたい楽器・弾きたい曲を弾けばいいの。
もしも全曲通して弾けなくても、たとえ簡易アレンジ版だったとしても全然OK (;^_^A

ピアノコミュなのに、ピアノソロはほとんどなくて
大部分はセッションだったり他楽器演奏のプログラムが混ざるので、
いろんなジャンルのものが聴けて、とっても楽しい発表会です。
観客は、ワイワイとお喋りと飲み食いしながら演奏を楽しみます。

前回ピアノで参加した時の演奏順は、当日現地でくじ引きだったけど
今回は事前にプログラムが組んでありました。

14組中7番目。 まあまあですかね。

とにかく自分の出番が終わらないと、ゆっくり飲み食いも出来やしないっっ
前振りで喋る事を考えながら、待つこと30分余り・・・

さあいよいよ出番ですよ ( ̄ー+ ̄)キラリンッ


前奏が始まる・・・ やっぱり何か遅い?


今回の伴奏は、おとなぴ会会長さんのピアノの先生にお願いしました。

二ヶ月前に伴奏譜を預けた時には、本番までには仕上げられるつもりで、
「速度は80で」とお願いしてあったけど、結局は72あたりが精一杯。

本番前のリハーサルで 80は無理でした~ と言って
最初は70ぐらいで弾いてもらいましたが、やはり何だかマヌケな感じなので
前半は80。途中のtranpuillo e dolce から72に下げるという事で決着。

時間切れのため最終的な合わせ練習は出来ずに、あとは本番ぶっつけという事になりました。

   合わせますから、好きな速度で弾いて下さいね

と言われたけど、実はこれが結構 落とし穴。


直前まで、メトロノームとか使って自分のテンポは計っていたけど、
伴奏のイメージは作ってなかった (>_<)

気がつくとどんどんペースアップして行き tranpuillo e dolce直前の締めで転んだ。
あわわっ と思ったら、右手ビブラートが微かに発動するも数章節で鎮火。

そしてそのままの勢いで「きっと何とかなるさ~」 と最後の16分音符群に突入!!



   撃沈 しました。。。。。 orz


見事なスカスカ弾き(。-_-。) 一番恐れていた事をやってしまった。

一応今回の目標としては、
   最後まで止まらずに完奏したい

もう一つ欲を言うなら、
   最後の重音を外さないように決めたい

さらに欲張るなら
   先生から注意された諸々が半分でも忠実にやれたらいいな

と思っていましたが、はてさてどこまでやれたのやら・・・(-_-;)
そのうち、会長さんが録画の画像を個人に公開してくれると思うけど聴くのが怖いなぁ。。。 


でもとりあえず最後の3章節だけはまともに弾けた(と思う)
もう一つの難関。最後の重音もなんとか外さずにイケた(と思う)から、

   ま いいか ヽ(´ー`)ノ


私の初めての挑戦は失敗に終わりましたがいろいろ勉強になりました。
そして課題もたくさん残りました。

   またいつか 絶対に今回のリベンジしてやる~

その日が来るのを楽しみに また練習頑張ります (^-^)/~

本番前レッスン
[ 本日のレッスン ]
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章

とうとう本番前の最後のレッスン。

実践練習はあまりできなかったけど、今回はイメトレをしっかりやってきましたよ。

前回でもまだまだ不安定だった演奏速度ですが、最終的に 72 で行くことにしました。
このいやに半端な速度は、チューナー兼メトロノームの機能上の問題・・・
私の持っているメトロノーム機能の速度設定は
60 → 63 → 66 → 69 → 72 → 76 → 80 としか上がらないので致し方なく。

で、ここ数日の電車の行き帰りには
メトロノーム(もちろんヘッドフォン使用)を鳴らしてメロディーを頭の中で奏でて定速を確認
という事をやってましたが、その成果は出るでしょうか (^^;)  


今日は仕事上がりが微妙に遅くなった為に、車を取りに行く事も 
更には実家にバイオリンを取りに戻る余裕はなく
親に泣きついて、駅までバイオリンを持ってきてもらいそのまま教室まで送ってもらいました。

で終わるまで待っててね 

って 子供の習い事状態ですね いい年してなにやってんだか (;^_^A

でもそのお陰で、19:30 からレッスン開始。しっかりレッスンが受けられそうです。


さて、調弦もそこそこに 早速 行きます。

頭に残るリズムを思い出して、スタート!

  さ~て 先生の評価は・・・


安定してて良かった と 言ってもらえた。
速度もこれなら不自然じゃないし、余裕を持って行けるのでいいんじゃないか
と いう事なので、本番で焦って速くなってしまわないように注意しないといけませんね。

で 細かい部分の注意を頂く。
(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)
1.出だしの2分音符。カウントは頭の中で!
  体でカウントをとっていると音に現れるのでNG(^^;)
2.27章節目 ラ(A)→ラ(E) の移弦で音が途切れる。スラーを意識して滑らかに。
3.41章節目 デクレシェンドして最後はピアノになるが、今は逆にフォルテになっている。
4.58章節目 段階的にクレシェンドして最後にフォルテで締めるように。
  焦ってしまう傾向があるので、速度に注意する事。
5.60章節目~78章節目 フレーズごとの区切りを意識して、もっと歌うように。
  アップの時の音量が大きくなりがちなので、変なところが強調されている。
  あくまで、クレシェンドの頂点が一番大きくなるように意識する事。
6.96章節目 アップの重音のみが大きくなっているので、ダウンの単音も同量で弾く事。
7.97章節目 音程に注意。

あとは 本番をどこまで平常心で乗り切れるかが勝負です。

この4ヶ月強の練習がまったく無駄になったら 
私のわがままにつきあってくださった先生に申し訳ない (>_<)

残り5日。 とにかくやれる事をすべてやるしかない。後悔のないように。。。

都合よくリハーサル
今日は、学生時代からの友人達との クリスマス会。

別名 『普段はなかなか会えない子も、最低でも一年に一回は必ず集まろう会』
今年も無事に開催されました。

いつもは 料理を食べて、ケーキを食べて、ビンゴをしてプレゼント交換をして
あとはひたすら近況をしゃべり倒すわけだけど、

今年は少し趣向を凝らして(?)
バイオリン弾き なもう一人の友人とバイオリン演奏をする事にしました。

本当はデュオを数曲・・・ と思っていたけど
6年ぶりにバイオリンを弾く友人がギブだと言うので、デュオ1曲と
あとはそれぞれソロで弾くという事にして、私は ザイツを弾くことにしました。

本番前に、ちょっと気楽に実践練習できるからラッキー(*^.^*)
と単純に思っていたのですが・・・

   やってみて良かった

人のいない所で弾く分には全然平気でも、目の前に誰かがいて
しかも演奏中に何かしゃべられると、そちらに注意がいってしまい
ついつい楽譜から目を離すと・・・  あ~れ~ (>ω<)

   マズい

今回のイベント会場は ジャズバー店内の小ステージ。

至近距離には 観客がテーブルで歓談し飲み食いしている状態。
そこでもしも何か動きがあれば、絶対に気が散る事 間違いなし (^^;)  

周りに気をとられずに、楽譜から目を離さない事。 超重要です。

暗譜 してない訳じゃないけど、今回は見て弾く と決めたので。

騒音対策としては、テレビをつけて弾く(自分が興味のある番組)練習が効果的
と先生にアドバイスを頂いた。 

曲の仕上げも大事だけど、本番対策もいろいろ考えとかないと駄目ですね。
右手ビブラートといい、本番前にいろいろと貴重な経験ができて良かった。

本番はいよいよ一週間後です。
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。