いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨戦態勢
[ 本日のレッスン ]
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章


今日はいつもの電車に乗れずに慌ててレッスンに直行。
いつもよりは遅いけど、正規のレッスンからは随分早い時間 (;^_^A やれやれ

あ~ でも こんな平和な状態も今回で最後かな・・・
今携わってる仕事は今月で終了。来月からはまたちょっと遠方まで通うことになりました。
いい加減 自社内で仕事して定時でシュバッ と帰れる生活がしたいです~ (-_-;)

よって 火曜日の今の時間帯のレッスンには通えそうもありません。。。

こんな大事な時期になんてこったぃ

一目さんと交代して時間を遅くしてもらうか
曜日を変えるか
はたまた 教室をやめて 先生の自宅に個人レッスンに通うか・・・

悩 悩 悩 悩 悩

まぁ まずはとりあえず レッスンです。


と思ったら、先生カレンダーを見ながら何やら思案中。

    今日これ(ザイツ)やったら あとは止めときますか?

は はい!? えええ 今日でもう止めですかぁ (°口°)
後は自力でやれ とおっしゃるのですかぁぁぁぁ

・・・ とかなり焦っていたら

「本番までの残りのレッスンは ザイツだけにしましょう」 
という意味だったらしい。

ああ びっくりした


てな訳で、いきなり ザイツです。

う~ん それはそれでかなりキツイ気もするけど、
本番の日はそれに近いものはあるから、慣れておいた方がいいかも。。。

今日もとりあえず、メトロノームをかける気配は無いので勝手にスタート。

多分出だしは 速度60ぐらいだったと思う。そして次第に早くなって行く。
3連符明らかに速度ダウン。でも締めの3連符不自然に速度超過。
浪々と歌いたい中間部は微妙な速度。
最後の16分音符郡 転ぶ 抜ける 途中加速。苦手部分さらに転ぶ。
でも最後の重音 音程はすこぶる良し。但し響き無し。

    無理に速度上げなくていいですから

得意な所だけ加速したので、速度60~90を フラフラとパラついていたらしい。

【今回の注意点】(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)
1.今後はとにかく必ずメトロノームをかけて練習すること。
  全体を定速で弾けるように感覚を掴むことが大事!
2.スタッカートとテヌートが曖昧になっている。中間的な弾き方になっている。
    スタッカートになっていない箇所 24章節目,29章節目
    テヌートになっていない箇所   48章節目
3.51章節目 ドまでスラー (ドからスタッカートになっている)
  ※前回のレッスンで50章節目に同様の指摘をもらっているが、それは改善されていた。
4.3連符 33章節目からクレシェンドされていない(34章節目に向かって盛り上げる事)
  34章節目のスタッカートは長めのフォルテ・テヌートの気分で、弓を大きく使う事。
5.最後の16分音符郡。
  弓が傾いている(これは癖になっている)のでしっかりした音になっていない。
  弓全体をしっかりつけて弾く事。
6.最後の16分音符郡。
  音抜けしているように聞こえる。アップの時の弓圧が足りないのでしっかり弾く事。
7.最後の16分音符郡。
  スラーで弓を使いすぎないように注意する。
  80章節目,82~83章節目,85章節目,87章節目,92章節目 リズムが崩れやすい。
  右手は同じ速度で均等に弓を返す事。左手を意識してリズムを取る事。
8.96章節目 音程はOK。響きをもっと残すように意識する事。

ちなみに52章節目移行のスタッカートは切らずに音をはっきり出していた(らしい)が
そこは その方が良かったので これで行きましょう♪
と言われた・・・ 
無意識だったので もう二度と弾けないかもしれません~(>_<)

時間切れで今回も指導してもらえなかった 60章節目~78章節目
先生からも、
    
    次回こそ ここやりたいですからっっ
    他の部分をしっかり仕上げて来て下さいね~



。。。。。


いや~ 一週間って 早いですよん ヽ(´ー`)ノ

しかも来月からなんてちゃんとレッスンに通えるのかな・・・とっても不安です
スポンサーサイト

Music Light
今日は某ピアノサークルの定期レッスンと、
某サイトコミュの「おとばよアンサンブルⅢ」の練習日 という事で、
ビアノとバイオリン 両方の用意をして、名古屋にGo!

なんかちょっと変だな~ と思いながら電車に乗って
考えるともなしにボーッとしていたら唐突に理解した。

    譜面台 忘れた (>ω<)

しょうがないので、ピアノのレッスンが終わってから
楽器店に立ち寄って、譜面台を買うことに・・・

という事でとうとう我が家に3つ目の譜面台。。。。。 ああ浪費。

今回は先の2つとは違う、YAMAHA製にしました。

かなり軽いし、ケースの取っ手が広く長くて
バイオリンケースに被せられるし持ちやすい(^o^)

今まで実家用は据え置きで、自宅用のを移動用にしていたけど
今度からは、このYAMAHAを移動用にしようっと。

ああ これでやっと自宅用は据え置きにできる (*^.^*) 単なる面倒臭がり屋?


で これで用事は済んだ筈だったけど、 なんだかとっても気になる物を発見。

  ミュージックライト  輸入品?

サンプルで出してあった譜面谷にくっついてたんです。

へぇーーーー 

  ・・・・・・・・

(^^;) 買っちゃいましたっっ

20071202222016.jpg


クリップの頭に虫の触覚みたいなものが2本。先にライトが付いてます。
触覚は自由自在に曲がります。ちょっと楽しい。

20071202222009.jpg


譜面台に楽譜を置いて、装着してみました。

20071202222024.jpg


さ~て 部屋を暗くしてみますよ (o^-')b

20071202222002.jpg


おお~ 結構明るいです。 これならちょっと暗いところでも十分に見えます。
今度ザイツを弾く ジャズバー。 少し暗めだし これ一応持っていってみようかな (*^.^*)

最終的にはバイオリンを弾く時以外の使い方になりそうだけど・・・

夜に車内で地図とかガイドブックとか見るときに使えるかな~ なんて思ったので。

ちょっと楽しい小道具。
無駄遣いと言われるかもしれないけどね (;^_^A

峠を超えたと思ったら
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  95章節目~104章節目
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.63 シシリー民謡
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章


今週は先生のご都合により、水曜日に振替えレッスン。

日曜日に練習したあと、月・火は帰りが遅くて、全く弾いていない状態で大丈夫かな(^^;)

実家によるには遅すぎるし、直接行くには早いけど・・・
と思いつつ教室に到着すると、ちょうど乱心君が帰るところでした。

19:20 う~ん 珍しくこんなに早い時間からレッスンなのに
自信満々といかないところが情けないところです。

中に入ると、先生のヴィオラが聴こえる。
ああ~素敵~ (*^.^*) と 部屋に入らずにしばらく浸っていたら、演奏がパッタリ止む。。。

    何やってるんですか~?

いや その えっと
先生にお出迎えされちゃいました (;^_^A


では 早速 Sevcik 行きますか。

ミファミ ソ♭ラソ ファソファ  ♭ラ♭シ♭ラ
ソ♭ラソ ミファミ ♭ラ♭シ♭ラ ファソファ

ミファミ ソラソ  ファソファ ラ♭シラ
ソラソ  ミファミ ラ♭シラ  ファソファ

ミ#ファミ ソラソ  #ファソ#ファ ラ♭シラ
ソラソ  ミ#ファミ ラ♭シラ  #ファソ#ファ

ミ#ファミ ソラソ  #ファソ#ファ ラシラ
ソラソ  ミ#ファミ ラシラ   #ファソ#ファ

ミ#ファミ #ソラ#ソ #ファ#ソ#ファ ラシラ
#ソラ#ソ ミ#ファミ ラシラ  #ファ#ソ#ファ

一回でできなかったのは、4番目の音階。

1指2指がくっつく時に、3指を離すのはどうも苦手。
しかもE線って握りこめないから力入らないし・・・
いや 力はいらないのか(悩)

ま でもここ最近に比べたら、今回は比較的やり易いパターンでした。


そしてサードポジション練習は、小曲練習第2弾。
「シシリー民謡」 
1stレ(A) 1stミ(A) 1stレ(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stド(A)
1stレ(A) 1stミ(A) 1stレ(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stド(A)
3rdレ(A) 3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rd#ファ(A) 3rdソ(A)
3rdファ(A) 3rdミ(A) 3rdレ(A) 3rdレ(A)
3rdラ(D) 3rdシ(D) 3rdラ(D) 3rdシ(D) 1stド(A) 1stレ(A) 1stド(A)
1stシ(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stド(A) 3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rdレ(A)
3rdソ(A) 3rd#ファ(A) 3rdミ(A) 3rdレ(A)
3rd#ファ(A) 3rdミ(A) 1stレ(A) 1stド(A)
1stシ(A) 1stラ(A) 1stソ(D) 1stソ(D)

音程は問題ないようで o(^◇^)o
でもポジション移動は無意味に元気すぎるようで・・・ (-_-;)

最初の 1stド(A) → 3rdレ(A) 
狙いを定めて、そこにジャ~ンプ! 思いっきり空中移動してましたが
力は抜くけど弦の上を滑らせるだけ。指を完全に離しちゃ駄目なんですと。
 
さっそく実践。。。。。不時着! (>ω<) 感覚を掴むのが難しいです。

何回かトライしてなんとか成功。
距離感を早く覚えて、きちんとブレーキかけられるようにしないといけませんね。
まだまだ先は長いです。


さぁて。いよいよ問題のザイツです。
今回は先生のいいつけを守って、スピード違反なしで
16分音符群のリズム練習をしっかりやって来ましたよ。

問題は2日間弾いていない という事だけ・・・かな

バイオリン構える 待つ 待つ 待つ ???

メトロノームをかける気配が無いので、勝手に弾き始める事に。

とりあえず途中止められることもなく、最後まで弾き終える。
思ったよりは弾けた? 

さすがに集中的に練習した後半は、かなりいい感じだという事で少し安心。

ただ、逆に最近あまり練習しなくなった前半が手抜きになっている
という事で、再度細かい注意を受ける。
(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)
1.出だし(15章節目)のフォルテ&アクセント
  響きが無くならない様に注意。押さえつけすぎないようにも注意。
2.弓の使いすぎに注意。
  ①27章節目最初のラ(テヌート)は、先弓で少しだけ使う。
   次のスラーで根元まで持っていく。
  ②29章節目のラ ラ も 先弓で。しかもフォルテ&スタッカート(>ω<)
  ③30章節目のスタッカートはsaltatoにするので、元弓でしっかりコントロールする事
3.34章節目 重音の音程注意。響きが無くならない様に注意。
4.48章節目からのフォルテ→フォルテッシモに向かう所は 音が途切れないように
  休符は一切ありません!! ← スミマセン(>_<)
5.50章節目 #レ-ミ-ラ はスラー。 ド-ミはスタッカート。 
  ラからスタッカートになっている。
6.50章節目 #レ-ミ は、両方とも1指。 
7.52章節目 元弓で。 真ん中あたりで弾いているので切れがなく重い感じになっている。
8.60章節目~78章節目まで。単調にならないように気をつける。
  ピアノ指定の所もあまり弱弱しくならないように注意。(伴奏負けするので)

などなど・・・
これまでのレッスンで一度は注意されているものばかり な気が (。-_-。)ハンセイ・・・

後半含め。再度前半部分も見直さないといけません。
でも、とりあえず次に練習できるのは・・・ いつかなぁ ||ヾ(_ _*)


あらら 時刻はもう 20:45? (°口°) 
指先が痛いよ~と思っていたら何と一時間以上経ってるし。

一目さんは今日は無しですか・・・ って言うか、30分レッスンなのでは? (^^;)
というのは既に愚問のようです。
本番まであと3週間。 がんばります (;>ω<)/

焦りは禁物
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.5  87章節目~94章節目
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.62
  篠崎バイオリン教本2 : ザイツ 学生協奏曲第5番 第1楽章


今日は先週からの風邪が尾を引いて、なかなかに怪しい体調・・・
明け方にかなり咳き込み、寝不足状態だった事もあり あっさり欠勤を決める。

だって ここで無理すると レッスンに行けなくなっちゃうしね

最近の私はとにかく趣味優先です。

現在 私のスケジュール優先度は
バイオリン>ピアノ>旅行>仕事
一応 いまだに バイオリンがトップを守っていますが、最近はピアノの追い上げが激しいです。
ちなみに 時間比率で行くと
ピアノ>ネットカフェ&モバイル>バイオリン>その他の趣味
ピアノは自宅で深夜練習可の電子ピアノだから、毎日2時間は弾けるけど
やはり練習環境が限られる(実家)バイオリンの比率は落ちてしまいます。
そしてブログ更新&ネットサーフィンの為のネットカフェ通いも欠かせません。

今はずーっと ザイツだから まだいいけど
これが終わったら練習量を増やさないと間に合わなくなっちゃう (>_<)


ま それはいいとして レッスンに行きます。
まずはSevcik。 今回から E線の音階群です。

#ファミ#ファ ラソラ ソ#ファソ シラシ
ラソラ #ファミ#ファ シラシ ソ#ファソ

#ファミ#ファ ラソラ ソ#ファソ ♭シラ♭シ
ラソラ #ファミ#ファ ♭シラ♭シ ソ#ファソ

ファミファ ラソラ ソファソ  ♭シラ♭シ
ラソラ ファミファ ♭シラ♭シ ソファソ

ファミファ ♭ラソ♭ラ ソファソ   ♭シ♭ラ♭シ
♭ラソ♭ラ ファミファ ♭シ♭ラ♭シ ソファソ

♭シ も 意識すれば、ちゃんとラに隣接できるし 何も問題なし! E線って楽♪
今回は転調も4種しかないのであっさり終了。


サードポジション練習は、音階練習を脱して小曲練習に突入。
「荒城の月」 
1stミ(D) 1stミ(D) 3rdラ(D) 3rdシ(D) 3rdド(D) 3rdシ(D) 3rdラ(D)
1stファ(D) 1stファ(D) 1stミ(D) 1stレ(D) 1stミ(D)
1stミ(D) 1stミ(D) 3rdラ(D) 3rdシ(D) 3rdド(D) 3rdシ(D) 3rdラ(D)
1stファ(D) 1stレ(D) 1stミ(D) 1stミ(D) 1stラ(G)
1stド(A) 1stド(A) 1stシ(A) 1stラ(A) 3rdファ(A) 3rdファ(A) 3rdミ(A)
3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rdファ(A) 3rdファ(A) 3rdミ(A)
3rdミ(A) 3rdミ(A) 3rdラ(E) 3rdシ(E) 3rdド(E) 3rdシ(E) 3rdラ(E)
3rdファ(A) 3rdレ(A) 3rdミ(A) 3rdミ(A) 1stラ(A)

繋がりのない音階練習より、やっぱり曲になってる方が狂いもすぐにわかるし楽しい♪
音程は問題なし。

けど
      1stミ(D) →3rdラ(D)の所。 もっと力を抜いて移動できるといいですね~
      今から 移動するぞ するぞ っていう オーラがすごく出てて 苦しそうですよ

やはり音を外しちゃいけないっていう気負いがあるから こうなっちゃうんですよね~(^^;)
勝手に予習のお陰で、A線(セレナーデ成果)とかE線(ヴィバルディ効果)は
かなりスムーズになってるんだけど
D線の移動成功確立はまだ低いんですよね。。。
まこれも 「慣れ」 だという事なので、おいおい がんばります。 


さて。本題のザイツ。 速度60で行けましたか? との問い。
げっ 先生 ちゃんと覚えてるんですね・・・ マズいっっ

実は先週末 ピアノサークルのイベントがあったんですが、
その時に、サークルの先生がザイツの伴奏をして下さるというので
バイオリンを持って参加して来ました。
合わせて頂けるからには、それなりに弾きたい って事で、速度70あたりで通して
前回課題の2音スラーの部分もまたまた我流で誤魔化しながら、
伴奏が入った場合の雰囲気を体験してきたんですよ。
ああ 楽しかった~ (*^.^*)

メトロノーム 速度60。  お 遅い

ついつい走っちゃう所あり。 ゆっくりすぎて弓が足りずに音がとぎれる所あり。
でも3連符のスタッカート。スラー&スタッカートはOK。#の音程もOK。
後半の16分音符群 微妙に転ぶし不揃い。弓と押さえのタイミングが悪すぎ。
速度を変えてもきちんと指と弓が揃うようにしないといけません。

という事で、リズム練習する事になりました。

4音シンコペーション 短長短短。  慣れた所で 短短長短。
変則にする事でタイミングを意識付けさせるのが狙いだという事です。

(>_<) う゛~ 
リズムは変わってもボウイングは変化しないんだよ~
先頭にはスラーがついてるんだよ~

相変わらず予期せぬ変化に弱い私です。
通常リズムで弾いて転んだ所は、すべてこのリズム練習をするように との指令。
ポイントとなるのは、80(85)章節目,82(87)章節目,92章節目かな~ (^^;)
(※章節表記はピアノ伴奏を含む/バイオリン譜自体は15章節目からスタート)

それに音抜けもあるので、すべての音をきちんと弾くように心がける事。
先週言われた 92章節目の2音ずつスラーになる部分は
スラーの先頭音にアクセントを置く のはもちろんだけど、
だからと言って2音目の音を弾かなくて良い訳ではないのですと。
う~ん 完全に勘違いです。

あとは 時々 勝手に休符が入るので注意。
これは特に 49章節~51章節に現れます。
ここは前半の盛り上がり部分なので、カッコよく決めておきたい所なんですが
小音符のラ(A)→ラ(E) の 移弦に気を取られすぎて、
ついつい早めに準備に入ってしまいます。
初回レッスンから何度も注意を受けているのに、なかなか直りません。

    次回 もう一度 速度60 でやりましょう
    無理に速度を上げるよりは、基本的な部分をきっちりやった方がいいですからね。
    

は い ・・・  orz     


来週のレッスンはお休み。
本番までの残りレッスンはあと3回。。。。。

まだまだ と思っていたけど とうとうラストスパート体制に入りました。
気合入れて がんばります!

フレクソコア・パーマネント 先生試弾
張り替えて6日目。A線とE線はかなり安定してきたけど、低音弦が未だに狂いっぱなし。
珍しいパターンかな?

弦替えました~ って言うと
先生がサクサク調弦してくれるから嬉しいな~♪楽だし(悪者)
先生はドミナント派で、これまでに私が買った弦はいずれも知らない と言っていたけど
パーマネントは ああ~友達が。。。 と言っていた。
さて先生のコメントやいかに。

    う~ん ま この前のよりはいいですね・・・
    
そ その程度の反応なんですか

    ま これも最初だけですからね

な 何が? (°口°;)

    また浮いてますよ・・・

気をつけていたつもりだけど、やっぱり駒が傾いて浮いていたらしい。。。

    
結局 何が「最初だけ」なんだろう? 
そのまま流されてしまったので確かめられなかった。

今回も先生の反応はあまりよろしくない感じ。何だろう。
確かに私としても、これまでの一番はワーチャル・カルネオル。
先生もこの時には、かなりお気に入りの様子だったけど・・・
頻繁に変えるので、リアクションがおとなしくなってしまったのか、本当に気に入っていないのか?
これはもう一度 ワーチャル・カルネオルにしてみて反応を確かめてみるしかないかなぁ

さ~て 次回は・・・(^^;)
すでにお試し待ち弦 ありますってっっ

いや~ 弦選びって 楽しいですね。 癖になりそうです。
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。