いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音程が命
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第5段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第9番(原書では第8番) 音取り
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.43 E線,D線,G線

Sevcik、苦手のG線を弾き続けた成果なのか随分音色が冴えてきた気がする。
この調子で~ と思ったら、次週からは転調する。凶と出るか吉と出るか・・・。

カイザー9番。前回は音取りで終了していたので 今回はNo.1から
が・・・ やはり音程が微妙に違うらしい。

カイザー9番

それに下がって来る時の4指ラ。強敵です。
レッスンでは一度も正しい音程にヒットせず orz

正しい音程は指に聞け!!
音から音への距離を指に覚えてもらうしかないそうで・・・
それができれば苦労はしないのだけどね (-_-;)

「こんなに音程がとれてないのはめずらしいですねぇ 何かありました?」

え~と あったいえばあったし なかったといえばなかったし
そうか原因はあれかっっ  と一人納得。

今月に入ってから、私の車は骨折怪我人に剥奪されている。
従って、車と共に教本CDも行ってしまったのでした。

普段は、繰返しCD聞いてメロディーラインを把握してる事もあって
音程を外すとすぐに自己修正できるのだけど、
今回は最初から独自の譜読みだから、外れてても気づかない訳だ。
なるほど。
譜読みの時点で正確な音程を意識しておかないとこういう事態が起こるという事を
肝に命じておこう・・・
とりあえず、CDを取り返そう かな (^^ ゞ

そして、ポジション移動第2弾~ E線に再チャレンジ。
今回は怪しげながらも、OKを頂き、続いてD線,G線へ。
ま 指摘は山ほどありそうな気配をかもし出しつつも合格という事で・・・。

先生~ 見捨てちゃ嫌~~~ (>_<)

「大丈夫です。次もまだ移動の練習ですから~」

あ そうですか がんばりますっ
てな訳で、次回は修飾音付きのポジション移動です。
スポンサーサイト

それなり・・・にはそれなりの結果
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第4段
  篠崎バイオリン教本2 : ソナチネ
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第9番(原書では第8番) 音取り
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.41(再),No.43 E線


Sevcik。最近惰性で弾いてる気がする・・・。
苦手のG線 もっと弾き込みが必要とは思いつつも やっぱり指練習。
どうしてもレッスンの為に形だけ となってしまう。
意識改革が必要な時期に来たのかも?

ソナチネは、中間部のゆっくりスラーもそれなりに曲らしくなって
あとは、最後の指弓。なんとかなるかなぁ。

ソナチネ

小音符を先生に弾いて頂き、プチデュオ演奏に。
やっぱり連弾は好き うふふ。


気分よく、次のカイザーへ・・・。

カイザー9番

はりきって弾いてみるが、音程に気をつけて との指摘。
特に3段目の#ソが微妙に低い 若干高くてもいいから と
久しぶりに平均律破りの指導を頂く。
これがバイオリンの難しい所です。
チューナーどおりでは駄目だと言われると、どうしていいのか判らなくなります(苦笑)

サードポジションは、再チャレンジのオールド・ブラック・ジョー。
今回は一発OK。 ちょっとホッとしました。

それとポジション移動は、第2弾のE線に行きます。

およよ。 A線と一緒なのになぁ・・・。
いや一緒じゃないか。ファは#じゃないものね。
と一人ボケ・ツッコミをしてしまった私は当然×。

・・・出直して来ます。

乱心くん 最後の発表会に向けて
今日は待合室で、乱心くんのお母さんに会いました。
例の「弓折り事件」以来だから随分久しぶりになります。 

  またまた居残り?

と思ったら、7月の発表会の為の緊急措置で
これからは毎回、次の人(つまり私)が来るまでは練習していく事になったのだという。

現在 中学一年生の乱心くん。
最近の高校受験勉強は中学二年生から始めるものらしく
だから来年の発表会までは多分続けられないだろうし、
本人は前々からやる気が無いしという事で、
今回の発表会を最後にバイオリンは辞めるのだという。

  決心しちゃったんだね・・・

4歳から9年近くがんばってきた乱心くんのバイオリン人生。
とうとう終焉を迎える か。 残念だなぁ。

でもきっと大人になったら、また弾いてみたくなる時が来るかも。
そして、その時には自分の好きな曲を自由に弾く楽しみを知って欲しいな。


発表会まではあとたった7週間。
最後の思い出に、ポジション移動のある曲に変更してがんばるのだと聞いた。

しっかり練習して 良い演奏をして。
最後に、良い思い出にできるといいね。

がんばれ!! 乱心くん!!

ポジション移動
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第3段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第8番(原書では第11番) No.9 (再)
  篠崎バイオリン教本2 : ソナチネ
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.41~No.42

今日は朝から調子が悪かった。
眠いしだるいしフラフラするし、電車に乗り遅れるし・・・。
という訳で、今日は仕事 休んじゃいました。

だって、今日はレッスンの日ですもん。
遅刻振替えなんてしてられないし、事前練習やっときたいし、眠いし。

途中までは出かけてしまったので、結局家に辿りついたのは昼前だったけど
少し昼寝してから、一時間程練習。そしてレッスンに行く。
久しぶりの余裕行動~ やっぱり こうでなくちゃね。


まずはSevcik。 
前回の教訓を踏まえて8音4分音符から~ と思ったら、
やっぱり4音4分音符からと言われてしまった。
そして4音4分音符 → 4音8分音符 → 4音16分音符で終了。 ???

今日も確かに時間があまり無いんだけど・・・。

ま いいか。  8音16分音符は、家で趣味で弾くことにしようっと。


前回パニックだった カイザー練習曲 第8番 No.9 再挑戦。

カイザー8番

問題なく終了。事前練習できなかったら危ないところだった気がします。


続いてのソナチネ。

ソナチネ

曲としてはそんなに難しい訳ではないんですが、弾きにくい。
鬼門のゆっくりスラーが途中にあります。

それと、最後のちょっと早めのフレーズ。

どちらも右手が重要です。
ゆっくりスラーは、音が強弱なく流れるように。
最後の早めの繰り返しは、手首を返すボウイングで。

に・が・て!! どうやったら手首から動くんだろう。
しばらくやってみたけど、全然出来る気配なし。
研究してみてください と言われたけど・・・。
どうしよ~ 一週間なんてすぐに終わっちゃうよ!(悩)


そしてサードポジションは、
No.41 仕上曲のオールド・ブラック・ジョー
事前練習の甲斐なく、ハーモニックスの音程が甘い!と言われ一発玉砕。
もう一度弾かせて貰えれば、大丈夫なのはわかってるんだけど
やはり一度で出来ないのは不安定だという事なのですね。
了解です。来週再挑戦します。

No.42 さあ いよいよ。ポジション移動。
ファースト・シ → サード・レ  の1指(押さえたまま)移動。
ファースト・ド → サード・ミ  の2指(押さえたまま)移動。
ファースト・レ → サード・ファ の3指(押さえたまま)移動。
ファースト・ミ → サード・ソ  の4指(押さえたまま)移動。
こちらは一発OK。 音程褒められた♪ よっしゃぁ!!


サードポジションの練習にもますます熱が入ってきました。

連休明けて
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第2段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第8番(原書では第11番) No.7~No.10
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.38~No.39

連休を挟んで久しぶりのレッスンです。

ゴールデンウィークは、初の大型連休GETに興奮状態。
前半は直前の不眠も手伝って、とにかくゴロゴロ ダラダラ。
気がつくとすでに4日も経ってしまっていました・・・
後半は旅行に出かけて。戻ってきてからまたゴロゴロして。

終わった・・・ orz 

9日間の、二度と無いかもしれない連休があっけなく終わった。

練習も普段とあまり変わりのないペースでしかできなかったので
そろそろ予習のストックが無くなって来ました。 マズいっっ

今月はフルでレッスンがあるようなので、このまま行くと次のカイザーで足踏み必至。
少し練習のペースをあげないといけません。

今回のSevcikは、前回と同様に
8音スラーのところを、4音4分音符 → 4音8分音符 → 4音16分音符で弾く。
そして最後は仕上げの8音16分音符と身構えたら、先生の OKです~ の声が。
あれれ?? 仕上げは? 早弾きは? とグルグル考えてる間に 
次の教本がセットされてしまったので、今回はそのまま見送ってしまいました。
今日は時間ギリギリに来たから、きっちり30分しか無いし。 仕方無いか。

  でもホントは弾きたいの (;_;)  早弾き。

次回からは時間短縮&先生に忘れられないように、やり方を変えよう。
8音スラーは、やはり最初から8音で
8音4分音符 → 8音8分音符 → 8音16分音符で弾けばいいのかも。
よし。次回はこれでいこうっと。


カイザー練習曲 第8番 今回、移弦は結構うまくできたようです。

カイザー8番

ナント! めずらしい事もあるもんです (^^ゞ

ですが、やはりどこにも落とし穴は転がってます。
No.9 は、1音スタッカートの後は、3音スラー(最後の1音にアクセント)を繰り返します。
この繰り返しの3音スラーのアクセントがスタッカートになってしまいました。
意識するとますます出来なくなって パニック。

先に No.10 の OK を頂き、このNo.9 だけは 再練習となりました。


そしてサードポジションは、
No.38 D線の音階仕上 : 問題なし
No.39 E線の音階仕上 : 戻りの4指の音程が少し高めになるので注意
との指摘は頂いたものの、OKです。 ホッ。

随分 音程が安定してきたと実感できます。
サードポジションの練習に入って半年。
ファーストポジションの音程が安定して来たのもやはり半年ぐらいからだったかなぁ
4指の音程が安定すれば 怖いものなし?

レッスンではずっと、音階と指練習的な事をやり続けてるけど、
音程の安定には、やはり曲の方がいいのかも 
なんせすでに勝手に 篠崎バイオリン教本3のサードポジションの曲とか弾いてるもんね~(^^;)
ポジション移動もなんとなく出来るし。。。早くやりたいなぁ

次回は オールド・ブラック・ジョー そして いよいよポジション移動 です (*^.^*)
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。