いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力≒弓圧=音色
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.4  G線で第1段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第8番(原書では第11番) No.4~No.6
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.37

Sevcikは、ようやくNo.4に。
8音スラーのところを、48音スラーのところを、4音16分音符 と 4音16分音符
に分けて弾いてから、最後に8音16分音符で弾きます。
が・・・ レッスン初っ端からいきなりの16分音符にワタワタしてしまったので
今回もまずは 4音4分音符 → 4音8分音符 → 4音16分音符で一段弾いてから
8音16分音符で通すことになりました。
早弾きは随分慣れてきたけど、問題はやっぱり苦手のG線だと言う事。
時々情けない音になります。。。が、とりあえず1段目は終了です。


カイザー8番は、前回の続きからそれなりに弾き進めます。

カイザー8番

で、結局ブレーキになるのはG線への移弦。
スラーのある部分で、完全に移弦できていないから既に曲が変わってる (^^;)
No.6は、即決で次回持ち越しとなりました。


そしてサードポジションは、No.37 G線の音階仕上。
3回目のトライです。
音程はとりあえず自信を持って良さそう(前回の評価)なのでとにかく弾く。
カスカス音であろうと、ギスギス音であろうと、とにかく弾く。

  『・・・音程は問題ないですね』       (^。^)   ですよね~
  『・・・あとは移弦の問題ですね』      orz    ですよね~
  『ま、次のNo.38でがんばって下さい』  ('◇')ゞ 了解であります!

という事で、めでたく No.37は終了。長かった。。。


それにしてもG線。
相変わらずなんでこんな響きの無い音しか出ないんだろう。
これまでに言われた事をまとめると、こうなるのかな。
 ・松脂を塗りすぎない事
 ・とにかく左手は弦をしっかり押さえる事
 ・弓の角度に注意する事 
  (左手に気をとられて、だんだん直角に当たらなくなってきてしまっている)
 ・弓への重さの加減を覚える事 
   ↑弓による違いもあるのでどちらかに決めて練習する事(現在2本所有)
右手と左手の両方のバランスがうまくとれていないと良い音は出ない
という事らしい。

さらに、移弦の際の動きにも注意をもらう。
 ・肘の角度と手首だけで移弦をしているので、弓に十分な重みを乗せられていない。
  (その為、手で無理に力を加えてしまっている)
 ・肘を上下させて角度を変える事

つまり、弓に重みを加えるには、
  肘の高さ変える→腕を脱力→でも弦に弓を当てるのに必要な角度は保つ
  →弓を持つ手に重みが残る
という構図になるらしい。

ちょっと練習。
肘をとにかく上げて上げて~  はい ダラ~ン(脱力)
  弓に重さ残ってますかぁ 
  肘はプラプラできますかぁ
さあ弾いて~   ・・・  ナント!! いい音じゃないの♪

なんとなく理解したぞ。。。したけど。。。
単発じゃなく、演奏の中で出来ないと意味がない。
地道に練習だね。これは。


この前新しく買った新弓ルド君。初代弓パウ君。
普段はどちらで弾こうか決めかねて、
しばらくあっちこっち替えて弾いていたけど・・・
やはりどちらかに決めないといけないか。 う~~~ん。

よ~し。

ごめんねルド君。しばらく君にはバカンスをあげるよ。


てな訳で、パウ君 復活~!
せっかく写真もルド君に替えたのに~ (-_-;) ま いいか。

はやくコツをつかんで ルド君を迎えにいくからね。
待ってておくれ~
スポンサーサイト

おとばよアンサンブル 始動
某サイトのコミュニティ 「大人からバイオリン」にて企画されている
アンサンブル第2回 のメンバーに入れて頂きました。

本番は、8/4 児童養護施設にて。
それまでに5回ほど練習日が予定されています。


第1回アンサンプルの書込みを見ながら いいな いいな やりたいな~
とは思ってましたけど、意外にもこんなに早く次が告知されるとはっっ(驚)

「大人からピアノ会」の方で行われる発表会にも参加表明したばっかりだと言うのにどうしよう
絶対バイオリンが優先になるのは間違いないし・・・

すごく迷って迷って。
でもこの次 なんて言ったら その時にまた仕事が忙しくなってるかもしれないし。
できる時にやっておかないと後で後悔したくないし。。。


という事で、初回練習を前に まずはオフ会に参加。
予定曲の楽譜を頂いて来ました。

「夕焼け小焼け」 「故郷」 「君をのせて」 「いつも何度でも」

うう~ん。やっぱりサードポジションあるのね・・・ 微妙~
優しいkeiさん。 
『大丈夫ですよ。みんな最初はそうですから』 と言ってくださったけど。。。

皆さんに迷惑かける訳にはいかないから・・・
いざとなったら、シール攻撃しかないな。こりゃ (;^_^A ああ~邪道

とりあえず希望パートを出すことになっているので
連休中に弾き込みしないとね

第1回の練習日は 5/12です。

そうだった。 練習日どうしよう・・・。
最初練習日は 4/28,5/19,~ の予定だったからOK~と思ってたんですが、
4/28 は自己練習が間に合わないだろう という事で日程変更になったんですよね。

実は 5/12も 5/19も 出勤日だったりして~ (^^;)

一日だけなら午後半休でいいか って思ってたんですが
2週も続けてはさすがに取れないなぁ

ここは演技力が試される所ですな。

無事に病欠できるように がんばります(悪?)

喜びの後は停滞
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.3  E線で第14段~15段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第7番(原書では第 6番) 仕上
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第8番(原書では第11番) No.1~No.3
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.37


まずはSevcik。
早弾きの極意を続けて実践。なかなか慣れて来ました。
という訳でやっと No.3終了です。 なんか長かったなぁ。
次の No.4は、1フレーズ8音と長くなりますが、
とりあえず、4音づつの16分音符×4回で、すべて通したあとに
8音16分音符×2回で という事になりました。
これまでとパターンが違うから、すこし力入れて練習しないといけません。
でも今週はいろいろ忙しいから・・・またもや練習時間減 
(>_<) 最新ちょっとたるんでます 誰からに喝を入れてもらわないとっっ

そして カイザー7番。仕上速度120に再度挑戦。

カイザー7番

2週間練習してそれなりに仕上がっていると思ってはいるけど、実際はどうなんだろう。
どきどきの披露です。

  先生:『うん いいんじゃないですかぁ』 

ホントですか?ホントに? 一発OKですか?

嬉しい・・・。純粋に嬉しい。
問題点が全く無い訳じゃないのは自覚してるけど、それでも嬉しい。

あとは おいおい頑張ります。

さて、お次のカイザー8番は音階の途中変調。

カイザー8番

特に問題はないとおもいつつもやはり壁となるのはG線への移弦。
練習では特に問題なく出来るのに、どうしてレッスンだと駄目なんだろう。
やっぱり力が入っているのかな・・・。
それに運弓の角度もかなり怪しくなっているらしい。
最近、鏡を見ながらの練習 あんまりやってないからなぁ
新弓ルド君が来てから少し右手のバランスが変わって来てるし
ここらでもう一度初心に戻らないといけないのかも・・・。

ゴールデンウィークは鏡練習の時間を増やそう。
しばらく実家に泊り込みしようかな (^^;)


そしてサードポジションの方は今回もNo.37 ○はもらえず。
でも脱力なんてしませんよ ヽ( ´ー`)ノ 自覚してましたから~

音程がおかしいと思って途中で止まってしまったけど、
  先生:『音程はかなり安定して来てます。大丈夫ですよ~』
え そうですか? じゃ。 
続けて弾く・・・ やっぱり狂ってる気がする 何故?

音程が狂っていると感じるのは、弓が直角にあたっていないので
音質が悪くなってしまう為でしょう との事。
  先生:『音程は悪くないけど・・・もう一回やっときましょうか』
急いでもしかたがないから素直に頷きます。
苦手のG線。今のうちになんとか克服しないとね。

早くG線で気持ちいい音色が出せるようになりたいです。

3連符パニック
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.3  E線で第13段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第7番(原書では第6番) 仕上
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.37

まずはSevcik。
前回教わった 早弾きの極意を実践してみる。
おお~ 行ける行ける。 でも気力が続かないので一段で終了。
次回で No.3を終了できるようにがんばります。

そ し て 問題のカイザー7番。仕上速度120に挑戦。

カイザー7番

練習では第一目標の速度100をなんとかクリアし、
最低速度と言われた120も行けるかもっっ
と思いながら臨んだレッスンだったのに・・・ う~玉砕!! (T-T)

どうしてもレッスンでの一発披露は駄目みたいです。
でもこれが出来ないって事は まだ身についていないって事なのね。とほほ。

という事で、速度を落としてみる事になったんですが、速度を落とせば落とすほどに 
速度はバラバラ、3連符は転びまくり、止まるわ、間違えるわ、他弦は弾くわ (-_-;)
もう収拾つきません。

しかも 早く弾く事に一生懸命で全然意識してなかった いつもの注意。
  一度押さえた弦は可能な限り離さない
  可能な限り次の音の弦は最初から押さえておく

一音づつパラパラと指を離して押さえているので指使いが慌しくなる
(結果ミスに繋がっている)
早弾きの為には、事前準備を早くする事が大切。
Sevcikでの注意「次の演奏部分を先に見る」事も
早弾きの為の方法の一つではあるが 今やるべき事は左手の練習。

という事で、再度 速度を落として運指の見直しからとなりました。
来週はレッスンはお休みなので、じっくりゆっくり調教します。

・・・それにしても。

なかなか直らないなぁ。 というか直せるのかな。。。
どうしてこうなるのか。 実のところ理由は明白。

   「ピアノの癖」です。

ピアノで単音を弾く場合は、どうしても指を独立して動かす必要があります。
だからどうしても今弾く音を単独で押さえたくなるんですが、
バイオリンではNGなんですね。
この基本的な考え方の違いにどうしても馴染めません。
しかも最近またピアノを弾き始めた事もあって、指が混乱中~。

頭の切替えが なかなかできない私。
とりあえずは頭での理解はおいといて、体で覚えるしかなさそうです。
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。