いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリル
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.3  E線で第7段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第6番(原書では第7番) No.3~No.7
  篠崎バイオリン教本2 : トリルの練習
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.24~No.27

今回もSevcikは、E線だけで終了。
先月までは必ず他弦でも弾いていたんですが、
最近は私の後ろにまだレッスンがあるから時間を結構気にしてるみたいでさくさく次に進みます。

さて難関だったカイザー6番。
No.4までしかないと思って見落としていたNo.5 ~ No.7 も含めてようやく終了です。

そしてお次は 結婚行進曲の予備練習にあたる「トリルの練習」に入りました。
トリルとは。
ドの前に小さい音符でシがくっついてるような箇所を、シドシドシドシド~と早く弾く奏法の事です。
 鳥がさえずるように指をひらひらひら~ と動かして~ む~ (>_<) 結構難しい・・・

単独で弾くには問題なさそうでも、曲のなかに出てくると事前準備が間に合わず指が攣りそうに。。。
これも繰り返しの練習しかなさそうです。

第3ポジションの方は、ファから始まる音階練習に。
音階練習を重ねてずいぶん音程が安定してきました。
早くチューナーなしでポジションとれるようにがんばりますっっ
スポンサーサイト

合格基準
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.3  E線で第6段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第6番(原書では第7番) No.2~No.3
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.21~No.23

カイザー6番。チューナーとの睨めっこの成果か!?
2重和音はかなり良くなってます と言われちょっと嬉しい。
◎とはいかないけど、最近の練習時間を考えるとこの程度が限度か・・・。

自分でハードルを低くしちゃいけないのはわかってるんだけど
あまりすべてを一度に望むのは無理なようなので、こんな所で良しとする。
先生もここで完璧にして時間をかけて行くよりは、
新しいことを覚えながら過去を反復していく方がいい とおっしゃるので
前向きに進んでいく事にします。

でも、ついつい前回の事を忘れて同じ注意をもらうんですよね・・・
先生 見捨てない下さいね(^^;)

第3ポジションの方は、ソから始まる音階練習の続き。
あと少しで音階練習が終わる~ がんばるぞっ

通勤電車にて
バイオリンを弾かない日 最長記録を更新してしまいました。
実に11日ぶりのMyバイオリン マロちゃんとの再会です。

こんな事ではいけない と思いつつ。
やはり年末心配したとおりの展開に苦笑。

今年に入ってからは、とにかく平日に練習時間がとれないから
土曜日か日曜日に集中してやるしかないんだけど、
それだって、出勤日だったり休日出勤だったり私用だったりして潰れる時も多くて・・・。


今回もレッスンが休みなのを良いことに 
連休の土曜日は仕事、日曜日と月曜日は旅行に行ってしまい
当然ながら次週の平日の練習はやれずに
気がつけば次のレッスン日が近づいているという恐ろしい現実が待っていました。

これまでは、火曜日のレッスン後は、最悪でも金曜日。日曜日にしっかり。
月曜日に仕上げ。火曜日のレッスン前の調弦と指ならし。
と後半集中でなんとか乗り切ってきたけど、
最近はというと、日曜日単日のみの一夜漬け状態!!

  通勤時間 片道1時間15分の増加は痛いなぁ

と言っていてもしかたがないので、何か手を考えることにする。
やはり通勤電車の移動時間を有効利用するしかないか・・・

とりあえず音階練習 Sevcikの楽譜をコピー。
もともとSevcikは腱鞘炎予防の為に、事前練習しかやらないから
運指だけでも見ておくにはちょうど良いかも・・・。

あとはバイオリンの指盤替わりにする小物が必要かな。

前は右手をバイオリン替わりにしてパタパタやっていた事もあるけど
やっぱり握りこめる感じのものの方がリアルだから と思案して筆箱を探す。
プラスチックの細長のものがいいな と思ってたけど、最近はそういう形状のものは無いのかな?
しかたがないので、サイズ的に良さそうな
幅4cm 長さ18cmの布製筆入れをGETし中に入る16cm程度の定規も2本を購入。
筆入れの中に1.5cm厚さのスポンジが入っていたので、その上下に定規を挟み込んで準備完了。

うんうん。なんとなくイイ感じ(^^)

途中乗り換えがあるから、あんまり集中しては出来ないけど。
(人目もかなり気になるけど・・・何してるんだ?って感じの視線がとても痛い)
しばらくはこれで練習時間不足を補っていこうと思います。

重音の嵐
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.3  E線で第5段
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第6番(原書では第7番) No.2
  篠崎バイオリン教本3 : 第3の位置 No.19~No.20


カイザー6番。とにかくコツコツとひたすら重音を弾く弾く弾く。

最後の3重音は、コツが判った!!
先生からも すごく良くなった とお褒めの言葉を頂く。

なのであとは、そこに至るまでの2重音の精度を上げて下さいね。
と言われて次回に持ち越し。

サードポジションの方は相変わらずの音階練習
今回は ソから始まる音階を2つほどやってレッスンは終了しました。


[ 練習日記 ]
課題のカイザー2重音に取り組む。

カイザーと言えども一応曲なので、やはり止まらずに流れるように
弾きたいとは思うけど今回は諦める事にしました。
とにかく何回もやって指と指の間隔を覚えて下さい と言われたので
止まってもいい、演奏になってなくてもいいから
とにかく2音を押さえて1音づつチューナーで確かめる
という事を延々と続ける。

なんとなく解ってきた気がしました。

しばらくカイザーは終わる気配はないけど、
そろそろ次の結婚行進曲も練習しておくか・・・

細かい奏法は置いといて、とにかく譜読みと指使いに慣れておく。
レッスン前週までは、たいていこういう練習です。

それほど難しくないかな?

もう少し先の ガボットも随分弾けるようになったし。
最近練習時間が極端に落ちているので、
練習できる時にどんどんやっておくようにしようと思います。
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。