いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦楽ファン
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.2  第7段~9段をD線8分音符と16分音符で
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第5番 No.4~No.6

Sevcikは、楽譜通りのテンポで全弦練習をして来たが、
D線だけで倍速までやるという。
8分音符でも音階が怪しいのに倍速なんて頭がついていかない。
というか、いきなりは無理無理。つかえながらも取りあえず終了。

次の16分音符音階は全弦練習?前回のはA線だけで終ったよなぁ
多分またD線のみで終るんじゃないかな(苦笑)

練習は自己の技術向上の為のものだから無駄になる事は無い筈なのに、
レッスンで違うことを要求されると、せっかくやって来たのに損した・・・ 
と思ってしまった。

まだまだレッスンの為の練習にしかなっていないという事。反省しよう。

カイザーは続いて問題のMartellatoに再挑戦。
弓先ではまだ微妙にブレる為、異音が混ざる。
ダウンとアップのバランスが悪い為、だんだんボウイングが中央に戻って行ってしまうらしい。
引きおろしが充分でないのは感じていたが、普段曲を弾くには全弓はあまり必要じゃないから、
ついついおざなりになっていたが基本練習の必要を感じた。

Saltatoは、なかなか良くなってきたと自分でも思っていたが先生からも○を頂く。
普通はMartellatoよりSaltatoの方が苦手って人が多いんだそうだが。。。

私は、「弦楽ファン」というYAMAHAが発行している雑誌を読んでいるのだが、
ある号の特集に、Saltatoについての記事があったのだ。
曰く、自分の弓のよく飛ぶ位置を見つけて弾くのがコツなんだそうだ。
そういえば・・・カイザー1番の時に、
弓を弦から離す時にバランスが取りにくくてうまく弾けなかったのを思い出した。
弓を持ち上げてバランスを調べて無理なく移弦できる位置を発見。
そこでSaltatoをやってみると、「音を鳴らす前に弦に置く」もかなり楽にできる。
これだ! と思った。

ただ単に弾くのではなく、試行錯誤が必要なのだと再認識した。


とうとう、来月からは第3ポジションの練習に入る。
教本の第3巻も購入して準備万端。
ますます練習に熱を入れないといけません。

次の目標、ドッペルコンチェルトに向けてがんばるぞ!!

ちなみに、現在の練習時間は、週6.5時間程度
 金曜日:1.5時間
 日曜日:3.0時間
 月曜日:1.5時間
 火曜日:0.5時間
一時期、指の痛みもあったせいもあり以前に比べたら格段に練習時間が減った。
ブーレまでは予習が済んでいるのに、
レッスンの進みが遅い というのも原因の一つではあるが・・・

そろそろ予習のストック切れと第3ポジションへのチャレンジ。
また来年からの仕事場所の移動(市内通勤から市外通勤へ)による
帰宅時間の影響を真剣に考えないといけない時期が来たのかもしれない。
もともとこれほど長く
一度もレッスンを休まずに続けられるとは思ってもいなかった。
今年の3月までやれればいいほう と最初は考えていた。
だが現在の仕事が年末まで延長になっているためのラッキーもそろそろ終る。
でもここまで来たからには、このままの状態を少しでも長く続けたい。

仕事を優先にする必要はない と今なら思える。
今やりたい事をやれる時にやろう。
後悔しないように。

この強い意志を持って、来年もがんばれますように。。。
スポンサーサイト

子供の生徒さん再び
さて今日もレッスンに行く。
すると、2週間前に出会った親子に再開。
今回が最後かもしれません~ と悲痛な表情のお母さん。

「自分がそれで弾けていると思うのなら、もう教える事はありません
 帰っていいですよ」  と言われたらしい。

もう少し詳細を聞いてみた。

フェアで新しいバイオリンを購入した。
それまでのバイオリンには目印になるシールを貼ってもらっていたが、
新調を期にやめることになった。そうすると、音程が不安定になる。
これで合っていると思っているのに、先生に否定されパニックに。

発表会が終ると曲はなくて、現在は指練習が主になるのでとにかくつまらないし、
しかも3冊を並行してやっているのでさらに訳がわからなくなっている。

云々という事なんだそうだ。

なるほど。
弾きたい曲は 「ゴットファーザーのテーマ」という一目さんなどの大人も、
やはり指練習が中心で、長めの曲は飛ばしている と聞いている。
(理由=長い曲は根気がいるし、クラシックも好きじゃないみたいだから)
この子の場合も、そんな感じでカイザー中心になっているのかな。

なんとなくその気持ちわかるなぁ。

私も最初、目印のシールを貼りましょうか? と言われたけど、
レンタルに貼ってもいいんでしょうか?? という事でやめになった。
それは今考えると音感を養うのには非常に良かったと言えるけど、
最初はチューナーと睨めっこだったし・・・

確かにこの音だろ と思った#レを低いと言われ、
「チューナー出してもいいですか?」 
と言いたいのをグッと我慢したあの日を思い出す。

今でも練習時にはチューナーを常時置いてはいるけど、演奏中はほとんど意識することなく
音をはずせば自分でわかるようになってきてる。
先生からも音程はすごくいいです。 
と言われているから、それなりの成果は出ていると信じていいんだと思う。

慣れるしかない!(よね?) それには繰り返しの練習と根気。
決して焦らずコツコツと地味に繰り返す指練習を続けられなければ上達は無いから・・・

自らやりたいと始める大人と違い、親から与えられる子供の習い事。
難しいなぁ。


結局、親子は私のレッスン終了まで待っていた。

  最終結論を出してしまったのか?

来週さりげなく先生に聞いてみよう。

スタッカート
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.2  第5段~6段 A線~E線で
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第5番 No.3

カイザー スタッカートを再び。

二度弾きしているという指摘を注意して弾いてみるが、
音の音の間に聞こえるキュッキュッという響きが練習の時から気になっていた。
とりあえず、No.3 は OKという事だが・・・。
思い切って聞いてみた。
もう一度、弾いて確かめて頂く。

次の音に移る時に、右手が微妙に動いてしまうらしい。

ゆっくり。リズムも気にしなくていいから、
確実に次の音の準備ができてから弾くように心がける。

ダメだぁ~。やっぱり動いちゃう。

今後大事な事ですから~
市民オケとかで弾いたりするとかになると、技術の差が出ますからね~
このまだ難しくないメロディーのうちに念入りにやっときましょうか♪

ドキッ 私の密かな野望に気づいてる??

という事で、再度次週繰越となりました。


ところで、最近どうも調弦があやしい。
D線は単音でチューナーで見る限り、合っているのだが
5度調弦の音は微妙に違う気がする。

先生もやはりそのように感じたようだ。
久しぶりに、先生の調弦。
そこで、いつも私がAとEの和音が取りずらい 
と言っていた理由が理解できたようだ。
前回の弦楽器フェアの楽器点検・調整で、駒に角度をつけてもらったのだが
ちょっとやり過ぎたようだ。

これからは半年ごとにフェアがあると言っていたが、
それでもあと4ヶ月は我慢することになる。
次回にまた調整してもらうとして、まだまだ先だなぁ。


練習の成果
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.2  第3段~4段をA線~E線で
  篠崎バイオリン教本2 : 狩人の合唱
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第5番 No.1~No.2

かなりの自信を持って、レッスンへ
狩人の合唱はこれまでで一番の出来だったのではないだろうか。

先生からもお褒めのお言葉を頂く。
素直に嬉しい。

そ・し・て、第一目標の一目さんをとうとう抜きました。

この調子でどんどんがんばろう。


ほっとしたところで、カイザー。

カイザー5番

左手の小指が立ってしまうのを気にしていたら、
スタッカートが甘くなってしまったらしい。

次回に繰越です。


そろそろ練習ストックが無くなってきたのだが、
ブーレのあとは変調するから
レッスン間隔が長い時でないと手がつけられない。
一緒に弾くと、指が混乱するからね。
まだまだおバカな指で申し訳ない。

でもそろそろやり始めないと間に合わないなぁ。
狩人の合唱だって、かなり前から弾いてたのに
やっぱり一発OKにはならなかったもの。
問題はブーレ。これだけ弾きこんできた成果は出るのか・・・

最近、鈴木の教本についているCDをよく聞くようになかった。
篠崎のCDは、教本っって感じでまったく感情がこもっていないけど
鈴木のCDは、曲を弾いてるって感じがすごくする。
最初はテンポが変わったりして嫌だったけど、
曲を弾く時に、先生が
 曲想を大事にしてください。
 自分がどう弾きたいのかをよく考えて。
と繰り返し言われるので、
やっぱりイメージとしては鈴木のCD的な演奏を求められてるのかなぁ
と思うようになった。

イメージどおりに弾くだけの技術はまだないけどね。


子供の生徒さん
いつも一目さんの進捗確認もかねて、少し早めに現着するようにしているが
この日は待合室に珍客が・・・

お母さんと男の子と女の子

ピアノの生徒かと思ったが、男の子はバイオリンを持っている。
確か前々枠の生徒はいないと聞いていた。
とするとさらにその前の時間の生徒さん?

どうも先生に反抗してレッスンが中断。居残りさせられたらしい。

そういえば発表会の時期に、開始時間がズレ込んでいるのは
手のかかる生徒がいるからだ と聞いていたがこの子だろうか。

お母さんと待ち時間にお話をした。
小学校6年生だという男の子だが、
友達にバイオリンを習っているというと馬鹿にされるのでやめたがっているらしい。
この前のフェアでバイオリンを買ったばかりなのに~ と嘆いていらっしゃった。

妹の方は同時刻にピアノを習っているらしい(やりくり上手いですね)

私からすればバイオリンを習っているのは憧れでしかないのだか、
男の子にとっては違うものなのだろうか。

自分では音程はこれで合っていると思っているのに、先生に違うと言われて
でも素直に納得できないのだそうだ。

    大変ですね 先生 (;^_^A

ところで、このお母さんは先生はピアノも弾けるし尊敬しちゃいます~
とおっしゃっていたが、確か先生はピアノは全く弾けないと聞いたぞ??
しかも先生がビオラが専門だという事も、
中学の部活でバイオリンを始めて一年でビオラに転向。
先生についたのは高校生から(音大受験の為)という事もご存知なかった。

なんか情報が錯綜してる。

他の生徒さん(親も含めて)とお話する機会はあまり無いから、
今回の出来事はなかなかに新鮮な体験だった。

何はともあれ、がんばれ子供!
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。