いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倦怠期
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.1 G線4段目~6段目
  篠崎バイオリン教本2 : カイザー練習曲 第4番(原書無し) No.1

Sevcik No.1はようやくG線終了。

カイザー4番

音階で手間取り、カイザーは音取りのみで終了。
次回は2週お休みなので、しばらく余裕。
ちょうど仕事も忙しいので まあ いいか・・・

11月からポジション移動に入るという。
がんばろうっっ


2週もお休みがあるという事で、なんだか余裕をかましてしまった。
1週目は、7日空き。
2週目は、9日空き。
習い始めて初めての堕落。
新しい駒にもなれなきゃいけない時に、こんなことではいけませんね。
反省反省。

余裕かましてサボっていたら、あれれ??
和音の時に弓をずらすのは、手前? むこう側?
忘れちゃった~
スポンサーサイト

新生マロちゃんでレッスン
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.1 G線2段目~3段目
  篠崎バイオリン教本2 : 軍隊行進曲

弦楽器フェアで若返ったマロちゃん♪ はりきってレッスン開始。

さて、軍隊行進曲。
連符は駄目。他弦をさわりまくり。
おかしいなぁ。先週はまだましだったのに~(泣)

駒の角度の調整によるものらしい。
だんだん慣れるから という事で気にしなくていいらしい。

スタッカートは練習の甲斐があって曲調は前回よりも随分良くなった
とのお褒めのお言葉を頂く。
とりあえずOKだそうで(ちょっと納得いかないけど)

カイザー4番に行く前に音階練習をする。
ここで、たかが音階と思わずに1音1音を大切に楽器を響かせるように弾きましょう
と言われる。

デルタッシュ だから と思って弾いていたけど
なるほど、確かに単音レガートっていうのがここには無いからそれも有りだね。

ということで、カイザーにはたどり着けずに終了です。


カイザー4番は単音では音程がばっちりなのにスタッカートになるととたんに狂う。
右手に意識がいくと、どうも音程が甘くなるようです。
部分スラーも厄介なもので、やはりちゃんとした楽譜が欲しいなぁ。

今週はあまり練習時間がとれないのでレッスンがちょっと心配です。

Warchal KARNEOL
弦楽器フェア後の最初のレッスン。

先生にバイオリンの調子をみてもらうと、
いい感じだと言ってもらえた。音がやはり良くなっているという。

調整の成果? 毛替えの影響? それとも松脂?

すべてですよ。 とのこと。
これからもメンテナンスはマメにやりましょう。


楽器の調整が済んだことだし、ようやく弦の張替えです。
先生はやはりワーチャルはご存知なかった。
でも思ったよりいい感じだと言われる。
一目さんはシノクサにしたらしいが、
「あんまりパッとしない音だったのよ。本人には言えないけど~」
と言っているとこをみると、とりあえず私のは合格なのかな?

軍隊行進曲の頭部分を弾いてみる。
うん。よく響くね。
ブーレを弾いてみるのが楽しみです。

さて新しい弦で練習~


Warchal KARNEOL(ワーチャル・カルネオル)はしっとり感のある響き。
最初先生が、ベターっとした感じかと思ったけど結構いい感じ
と言われた意味がなんとなくわかる。
ゴールドブラカットのE線も他の弦に馴染んでよく響く。

どうなんだろ。

私的には、もっと軽い感じの響きが好きかも。
でもシャコンヌや雨の音はこれで弾いたらステキかな。
断然ワーチャル・ブリリアントを試したくなった。
次回は是非チャレンジしてみよう。

弓の張替え
音楽教室の弦楽器フェアで楽器の調整と弓の毛替えをしてもらった。
A線やD線が駒にかなり食い込んでいるのも気になるということと
駒にもう少し角度をつけてもらった方が移弦が楽になるのでは?
という先生のお言葉に従って駒を削ってもらう。

弓も毛を張り替えて・・・
私の弓の製作者は、今年の8月に亡くなったそうです。
あまり意識せずに買ったけど、弓もドイツ製だったとは。びっくり。

小物が割引になるのでおもいきって、松脂を新調する。
どうしても欲しかった アルシェ301。
ようやく手に入ったね。

早速家に帰って練習~ と思ったら、
弓の毛が乾くまで駄目なんですって。3時間は空けないといけないらしい。

夕方になってようやく解禁。さっそく弾く。
なんだか音が明るく響く。弦は古いままなのに結構いい。
やはり楽器の調整って必要なんですね。
これで弦を替えたらさぞ鳴ることだろうなぁ。楽しみです。

駒の角度が変わったので、5度調弦が難しくなった。
ちょうどカイザー4番も練習していたので、最後の和音がなかなか弓に当たらない。
じきに慣れるんでしょうが、最近ちょっと練習時間が足りないから。むむむ

さて。すぐにレッスンです。


軍隊行進曲
[ 本日のレッスン ]
  Sevcik : No.1 G線1段目
  篠崎バイオリン教本2 : 軍隊行進曲

左手の痛みが多少良くなってきた。
でもやはり弾いた翌日はなんとなく腕が重だるい。
一回の練習時間を少なくした方がいいのか
間隔を空けた方がいいのか迷うところだ。

Sevcikは負担にならないように、一段で終了。
軍隊行進曲は連符の音程にばかり気をとられていたが、
スタッカートがポイントらしい。
小さな動作で弓を止めると、音に響きがなくなる という事で
勢いよく引き抜いて止める。これがなかなか難しい。
途中になにか壁があるかのごとくピタッと止まってこれ以上いかない。
弓がブレても斜めになってもとにかく大きくボウイングする。
これはとにかく練習だ・・・

指の負担を考えて、今後Sevcikはレッスン直前に音をさらうだけにする。
とにかくスタッカートを練習する。
止めがあまいけど、なんとか音を響かせられるようになってきた。
弓はブレるけど・・・
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。