いつかは弾きたいヴィターリのシャコンヌ。そしていずれはアマオケに・・・ 子供の頃からの憧れだった夢に向かって日々奮闘するバイオリン日記です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジョン・チタニウム・オーケストラ
来た 来た 来た~!!

とうとう来たわよ この時がっっ ヾ(≧∇≦)э


って 大騒ぎする事もないんですけどね

今回は一年ぶりの弦交換なのです

ここまで替えずに来れたのは驚きだけど
つまりは前みたいに、どうしても替えたい!!っていうほど
悪い印象じゃなかった って事ですね

さすが TONIKA (*^.^*)

音色は大人しいから、ソロ向きではないかもしれないけど
やっぱり良いなぁ
もともとマロちゃんに張ってあった弦だしね

でももう一年だから交換です
今までありがとう♪♪

という事で、今回は最後のお試し待ち弦
Vision Titanium orchestra(ビジョン・チタニウム・オーケストラ)
の出番です

実は密かにかなり期待してるんですけどね ('-'*)
先生もこの弦は気にしてたから、次回の試弾の感想が楽しみです


で まずはわたくしの感想から。

ひとつひとつの弦がしっかり響く弦だな~と思いました。
それも派手過ぎずに適度な響きで、
重音も弾いてみたけど、これがまた気持ち良く響くのですよ
これまでの一番のお気に入りである
Warchal KARNEOL(ワーチャル・カルネオル)と違って、
明るい印象ではあるけど これはこれでいいかもね (=^▽^=)


商品説明としては、
『オーケストラ奏者、室内楽奏者に開発された新商品で、
 ビジョンチタニュウムより少しやさしい音色』

だそうだから、ソロ演奏よりもアンサンブル向きの弦だと思うのよね
これなら、変に浮いてしまう事もないでしょ OK♪d(⌒〇⌒)b♪


ただ若干の違和感があるといえば
前回のTONIKAに比べて弦が太いのかな?

DとAの同時押さえのSevcikを弾いたら、
隣の弦に干渉しまくり(-.-;)

D線の裏返った音なんて初めて聴いたわ・・・びっくりした
早く慣れないといけませんね


そして どきどきの本日のレッスン
まずは先生に弾いて頂く

   マロちゃん最高~♪ o(^ワ^)o

相変わらずの親馬鹿モード全開でしたわ(^^ ゞ

やっぱり私的には悪くないと思ったんだけど
先生としては、A線はすごく響くし良いんだけど
G線の響きがちょっと足りない(くすんだ感じの)印象
だそうです

ま これも好みの問題ですからね

一応 これは お気に入りの部類にしておこうと思う


さて さて さて さて
お試し待ち在庫が一掃されましたよ うふふ
また新たな弦探しの旅に出なければ!

良い弦に出会えるといいな♪行って参りま~す(^o^)/
スポンサーサイト

TONIKA
ところで、ここんとこ立て込んでいて弦交換もしていなかった事に気が付いた。
最近とにかくA線だけがよく狂うので、弦の劣化かも・・・

てな訳で、そろそろ弦交換する事にしました。

年末本番をターゲットとすると、最終交換は10月末あたり?
その時にまた冒険をする事になるんですが、今はとりあえず何かをチョイスしなくてはっっ

3ヶ月間だけの間つなぎになるので、お試し待ちというより、
単なる非常用予備弦として買っておいた ピラストロ社のTONIKA に決めました。

   TONIKAは、マロちゃんに最初に張ってあった弦と同じ物ですよ (*^.^*)

3年近くもストックとして持っていた弦だけど大丈夫かな (;^_^A

サイレントバイオリン購入時の調弦で、店員さんにE線を切られた後遺症で、
とにかく予備弦を確保しておかないと安心できなくなってしまった私は
購入と同時に 『 今張られている弦と同じものを一式 』買ってしまっていたのです。

でもその後一年半もの間 弦は切れる事もなく元気に活躍し
いざ弦交換という時には、浮気心が出て 結局は未知の弦に手を出してしまい
現在に至る。。。と  ||ヾ(_ _*)

   せっかくだから、もったいないから どこかで使いましょうね

と先生からも言われていたので、今がいい機会かな

弦交換もこれで何度目かしらん
  駒を倒さないように注意
  弦が重ならないように巻きに注意
  ペグが調弦しやすい向きで終わるように注意

そして試弾 ♪d(⌒〇⌒)b♪

うふふ やはりTONIKAは音色が優し~い♪
華やかさに欠けるので、ソロ向きではない気がするけど
アンサンブルなんかでは変に浮き出る事もなく
皆に同調しやすいと思う。。。

年末までにはアンサンブル(10/26)とアンサンブル(12/7)とソロ(12/14)
と微妙な間隔でイベントがやって来る。。。
こういう場合はどうしたらいいのかなぁ  ( ^^;)

そしてレッスンでの先生試弾の結果も上々♪
やっぱり 最初に張ってある弦ってそれなりに意味があるんでしょうか
マロちゃんにはお似合いみたいです

そろそろ新しいお試し候補を探しましょうかね

お試し待ち弦はとうとう残り1種類
非常用ストック弦も残り1種類となりました。。。

ドミナントも一度は試してみてもいいかなって気がして来たし
ここらでまた Warchal KARNEOL を再検証してみたいとも思うし
あ~困った (>ω<)

しばらくは情報収集
今度こそハズレを引かないように頑張りまっす * ̄O ̄)ノ

コレルリ アリアンス・ビバーチェ と ナンバーワン
今回の弦は、お試し待ち弦の中から最も予想がつきにくく 
かつ 皆さんが一番興味を持たれているらしい気がしたものに決定。

Corelli Alliance Vivace(コレルリ アリアンス・ビバーチェ)
 特殊フッ素樹脂を芯材に用いることにより、高級ガット弦に近い音色と弾き易さを両立。
 豊かで鮮明な音色と、弓圧・弓速に左右されない素早く正確な反応を実現。
 高級ナイロン弦市場を開拓したブランドの熟成版製品。

アリアンスヴィバーチェ単独


そしてE線は、ピラストロ社の No.1(ナンバーワン)
 老舗のピラストロ社が全ての音域、全てのダイナミックレンジにおいて理想的な音色
 と響きを実現すべく新開発したE線で、開発テーマは『Universal(普遍的)』であること。
 (すなわち、あらゆる既存の弦と良くマッチングするE線を目指して開発された)
 輝かしい音色、優れたレスポンス、開放弦が裏返りにくいことなどが主な特徴。

ナンバー1


らしいですわ。

この説明だけ読んでいると、ものすごい期待感が生まれる♪♪
『高級ガット弦に近い音色』ってのが、どんなものなのか興味津々。

明日はレッスンという直前になっての弦交換。

こりゃレッスン前の調弦が大変だな・・・ と思いつつも、
きっと交換直後は先生が調弦してくれると思うから

   まぁ いいか~ v(^o^)

て事で とっとと替えてしまいますよ♪

さ~て 弾いてみた私の感想は といいますと

●コレルリ アリアンス・ビバーチェ 
弦の触感は柔らかめ。明るい感じの良く鳴る弦です。

金属臭さはあまりなく、これまでの2種(インフェルド赤とフレクソコア・パーマネント)
に比べたら格段に良いのではないだろうか と思えるものの
歌い文句の『高級ガット弦に近い音色』は、実感できませんでした。
っていうより、そもそも『高級ガット弦の音色』を知らないわけなので
実は比べようがなかったりして。。。

実際あまり大差がないように感じるし、あとは音色の個人的な好み になるのかな。
ワーチャル・カルネオル派の私には合わないかもしれない。。。(;^_^A

●ナンバーワン 
確かに弾きやすい弦だと思いました。『裏返りにくい』というのにも納得。
フレクソコア・パーマネントでちょっと気を抜いて、弓圧無くすと
絶対に裏返ってた状況でもすごく滑らかに鳴ります。
さすがに高いだけはあると思うけど・・・ ちょっと勿体ないかな~
この程度の性能差であれば、ゴールドブラカットで十分な気がしました。


という状況下で迎えたレッスンでの先生試弾。
感想がすごく気になるところです (;^_^A

さてさて。バイオリンをケースから取り出すと、開口一番。

「どうですか? そのタイガースみたいな弦は」

た タイガース って・・・
とにかく弾いてみてください先生!! (>_<)

●コレルリ アリアンス・ビバーチェ
前のよりは格段に良いと思う。よく響くし音量もある。音色は明るめ。
でも。。。先生の好みではなさそうです (-_-;)
ガット弦うんぬん については、 『う~~ん』 との事。残念。
ちなみに先生はドミナント派です。

●ナンバーワン 
ペッタリと張り付く感じの音色との事。←私には判らないけど
とりあえず他弦とのバランスは良くない感じ。と言われてかなり凹む
高かったのよ このE線 (T-T)  これまた残念 という事で。。。

アリアンスヴィバーチェ


なんか商品説明を見ても無駄な気がして来たのは私だけ?

フレクソコア・パーマネント 弾き納め評価
去年の年末のソロ演奏用に張り替えた フレクソコア・パーマネント。

なんだかんだ言いながらも、それほど気にすることもなくここまで来て
別段張り替える意味もない気がしてたので、このまま今年の梅雨明けまで
思っていたのだけれど・・・

   弦 替えます!!


今年に入ってからは時間の余裕があまりなく、
レッスン以外の曲を弾こうなんて気は全く起こらなかったのですが、
めずらしく纏まった練習時間がとれた今日。
久々に 例のザイツを弾いてみたのです。

そしたら。。。。。なんてギンギンギラギラな音色 (°O°;)
確かにこれはクラシックを弾く音色じゃないですね。


部屋が暖まって、弦が少し緩んできて多少は治まったもののやはり金属的な響きは残る。
つまりはインフェルド赤と響きの系統は同じだったという事で、
マロちゃんには合わない弦だったらしい。

   これかぁ 先生がずっと言ってたのは。 

不思議なことに今までは全然気にならなかったんですよ。

先生曰く
「弾くのに一生懸命な時は、案外自分の音色って聞いてないものなんですよ」

しかも最近はボウイングの乱れから楽器が全然鳴ってなかったらしく
なおさら気づけなかったのでは? という話。

やっぱり気に入った音色じゃないと、気分よく弾けないから
気になりだしたのなら、思い切って替えた方がいいですよ。
との後押しももらったので。

次回レッスンまでに、替えますよ~♪

先生。楽しみにしてて下さいね (*^.^*)


フレクソコア・パーマネント 先生試弾
張り替えて6日目。A線とE線はかなり安定してきたけど、低音弦が未だに狂いっぱなし。
珍しいパターンかな?

弦替えました~ って言うと
先生がサクサク調弦してくれるから嬉しいな~♪楽だし(悪者)
先生はドミナント派で、これまでに私が買った弦はいずれも知らない と言っていたけど
パーマネントは ああ~友達が。。。 と言っていた。
さて先生のコメントやいかに。

    う~ん ま この前のよりはいいですね・・・
    
そ その程度の反応なんですか

    ま これも最初だけですからね

な 何が? (°口°;)

    また浮いてますよ・・・

気をつけていたつもりだけど、やっぱり駒が傾いて浮いていたらしい。。。

    
結局 何が「最初だけ」なんだろう? 
そのまま流されてしまったので確かめられなかった。

今回も先生の反応はあまりよろしくない感じ。何だろう。
確かに私としても、これまでの一番はワーチャル・カルネオル。
先生もこの時には、かなりお気に入りの様子だったけど・・・
頻繁に変えるので、リアクションがおとなしくなってしまったのか、本当に気に入っていないのか?
これはもう一度 ワーチャル・カルネオルにしてみて反応を確かめてみるしかないかなぁ

さ~て 次回は・・・(^^;)
すでにお試し待ち弦 ありますってっっ

いや~ 弦選びって 楽しいですね。 癖になりそうです。
Copyright © いつの日にか・・・ ~ 夢はシャコンヌ ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。